書籍_S17071804画像 健康ライブラリー  イラスト版  パーソナリティ障害  正しい知識と治し方
監修: 市橋秀夫
価格: 1,404円
発売日: 2017年07月10日
内容:
★その生きづらさ、パーソナリティ障害では?

 パーソナリティとは、その人らしさのこと。それが障害されるとはどのような状態なのでしょうか。

 パーソナリティ障害は、思春期から問題が表にでてきます。ものの考え方や行動のパターンが著しく偏ってしまい、対人関係がうまくいかずトラブルを起こすため、近年、発達障害との合併症や誤診といったことが問題視されています。

 さらに本人に病識のないことから周囲が巻き込まれやすく、その対応に負担に感じている家族も少なくありません。

 摂食障害や人や物への依存などの問題行動、引きこもりなどの背景にパーソナリティ障害が隠れているケースもあると言われています。

 本書ではとくに患者数が多い「境界性」と「自己愛性」の2つのタイプを中心に障害の特徴、背景から自分自身で治すためにできること、家族や周囲の正しい対応法まで解説します。

 本人だけでなく、家族や職場など周囲の人に役立つ一冊です。

*パーソナリティ障害とは
 ・パーソナリティに著しくかたよりがあり、対人関係がうまくいかず問題が起こる状態
 ・自閉スペクトラム症などの発達障害が隠れている場合もある
*境界性パーソナリティ障害の特徴
 ・根底に「自分は見捨てられた子」という強い思い込み(幻想)がある
 ・よい子と悪い子、両極端の自分がいる。周囲に対しても態度が激変する
 ・過食、親への暴力、人や物への依存などの問題行動で、周囲を巻き込む
*自己愛性パーソナリティ障害の特徴
 ・「理想化した万能の自分」しか愛せない。等身大の自分がない。
 ・健全な自己愛が育っていない。失敗や挫折に弱く、うつや引きこもりに
 ・目に見える結果がすべて。他人の評価を過度に気にして批判されるとキレる
目次:
第1章 パーソナリティ障害について知る

第2章 パーソナリティ障害の要因はなにか

第3章 境界性パーソナリティ障害――「私を見捨てないで」

第4章 自己愛性パーソナリティ障害――「私をもっと賞賛して」

第5章 治すために必要なことがある

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載