書籍_s07012210画像 条例のある街
障害のある人もない人も暮らしやすい時代に
著者: 野沢 和弘
価格: 1,836円
発売日: 2007年01月23日
内容:
この本は、日本で初めて障害者への差別をなくす条例をつくろうとした人々の物語です。
目次:
はじめに

 1章 なぜ、千葉で始まったのか 

 熱気の中で/千葉が動き出す/課長、グループホームへ/
 差別事例を集める/委員は公募/
 企業の人も参加/まとまらない研究会/
 数々の理不尽な思い/知的障害者こそ……

 2章 さまざまな顔をして差別はあらわれる 

 八〇〇を超える事例/教育分野の差別/
 問題は複雑に絡み合って/労働分野の差別/
 医療・福祉分野の差別/そのほかの分野の差別/
 さげすんだような目、冷ややかな感じ……/
 相手との関係性

 3章 悲しいのはあなただけじゃない 

 エレベーターから追い出された人/
 「障害者だからといって甘えるな」/
 タウンミーティングの感動/明かりのなくなった街/
 輝く拍手の波/仮面の中の叫び/
 女子高生たちの寸劇/「勝利の女神だね」

 4章 私たちの条例案ができた 

 教育をめぐる議論/罰則は有効か?/完成した条例案/
 名称/定義/前文と基本理念/関係者の責務/
 なくすべき差別/虐待の禁止/相談員と差別解消委員会/
 作業所と地域住民のあいだで/差別解消委員会/推進会議/
 どうして障害者差別は起きるのか/
 公平とはなにか/他人事ではないと
5章 壁――二月議会 

 県議会に提出/ニュースレター/
 集中審議での激論/継続審査に……/冷たい春/
 雨の日の報告会/最後の夜/心が震えた光景

 6章 世界は一センチずつ変わる 

 千葉県中を駆け回る/八代英太さんも駆けつけた/
 もう一度、なぜ必要なのか/
 評判の施設で起きた事件/親を呪縛から解放するには/
 裁判は人を幸せにするか?/失われた三〇年/
 裁判に代わる問題解決システム/
 勉強会の最大の山場/ 「一センチずつ変わっている」

 7章 撤回――六月議会 

 激しい攻防/ボールは私たちに投げられた/
 条例の灯を消さないで/いったん取り下げ/
 こぼれ落ちる涙

 8章 小さな奇跡――九月議会 

 朝顔を持って/議会に立つ/
 示された修正案/浅野史郎さんと/
 浮き足だって動いたら負けだ/土壇場で踏みとどまる/
 最終案に残ったもの/みんなで、議会へ行こう!/
 各会派を訪ねる/議会は面白い!/
 老政治家の胸の内/ハゼ一匹
 常任委員会を通過/成立した!/
 それにしても、なぜ……/一枚の写真

 【資料】 条例原案と成立した条例 

 あとがき 

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載