書籍_s07030901画像 障害のある学生を支える
教員の体験談を通じて教育機関の役割を探る
編: ボニー・M・ホッジ、ジェニー・プレストン-サビン
訳: 監訳:太田晴康、訳者:三澤かがり
価格: 2,484円
発売日: 2006年12月25日
内容:
アメリカでは1990年に成立した「障害をもつアメリカ人法(ADA)」により、障害のある学生たちは、高等教育機関に入学する際に、自らの要望にそった適切な指導を受ける機会が保障されている。また、彼らを教える教員・スタッフには指導上必要とされる支援策を学生たちのために用意することが求められている。本書は、アメリカの大学における障害学生支援について、教員たちが現場で体験した支援モデルを紹介したものである。
目次:
第1章 配慮
第2章 高等教育の教職員に関わる法律問題
第3章 よい教育における適切な配慮とは何か
第4章 注意力、集中力、記憶力に欠ける学生を教える
第5章 慢性疾患をかかえる学生を教える
第6章 難聴学生・ろう学生を教える
第7章 統合処理が困難な学生を教える
第8章 肢体不自由あるいは運動制御が困難な学生を教える
第9章 社会的な行動の異常、あるいは一貫した行動が難しい学生を教える
第10章 言語障害のある学生を教える
第11章 視覚障害のある学生を教える
第12章 学生に成長と成功をもたらす組織の連携
参考資料A 主要なアメリカ合衆国連邦法
参考資料B 配慮を決定する前に−学生には配慮を受ける資格があるか
参考資料C 権利と責務 短期大学/大学の権利と責務
参考文献及び関連情報

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載