書籍_s09102702画像 福祉と教育のWEコラボ  障害児の<育ち>を支える
長野・滋賀・鹿児島の先進事例に学ぶ
編著: 加瀬進
出版社: エンパワメント研究所
ISBNコード : 978-4-88720-600-7
価格: 1,512円
発売日: 2009年10月27日
内容:
 福祉分野と教育分野の関係者のコラボレーションにより、地域で暮らす障害児の育ちを支える事例を、長野・滋賀・鹿児島の先進地域から学ぶ。

★WEコラボとは
福祉Welfareと教育Educationの協働Collaborationを表しています。WEコラボはさらに、「私たち/WE」全員のCollaborationを目指します。WEコラボ研究の関連情報は下記のブログをご覧ください。
http://www.we-collaboration.com/

2009年10月27日 第1刷 3,000部
目次:
はじめに     
WEコラボで変わる「支援者の意識」と「本人の地域での暮らし」 

第1章 なぜ、いまWEコラボなのか!?      
1.はじめに     
2.「わが子のカルテ」と障害者ケアマネジメント     
3.「特別ニーズ教育」と教育のコーディネーター    
4.ふくらむ期待と現実の乖離     
5.今こそ、違いをふまえたコラボレーションを! 
6.福祉と教育の協働を進めるポイントとWEコラボ2008の成果 
   
第2章 こうすればできる! WEコラボの発信     
1 長野県北信圏域の取り組み     
 1.年間70回の合同園訪問     
 2.ルポ 北信発WEコラボ支援システムを探る 「お見合いからデートそして……ついに結婚」!??? 
 3.北信圏域に学ぶ――チーム・アプローチのつくり方      
 ■コラム・ スウェーデンのハビリテーション・システム 
     
2 滋賀県甲賀市の取り組み     
 1.発達支援のシステムづくり      
 2.ルポ 「ここあいパスポート」実現のコツを探る      
 3.わかりやすい相談窓口と重層的ネットワーク     
  ■コラム・ スウェーデンのリソース学校と発達障害児
     
3 鹿児島市・はじめての個別支援会議      
 1.動き出したWEコラボ・個別支援に向けてのチャレンジ      
 2.はじめての個別支援会議を振り返って
   
第3章 一歩を踏み出すために     

今一度、何のためのコラボレーションか?
     
WEコラボ成功のためのQ&A 
     
WEコラボを支える十の信条 
     
あとがきにかえて――WEコラボしませんか?

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載