書籍_s11071206画像 これって、大人の発達障害?  人付き合い、家事がうまくいかない理由
著者: 佐々木加奈
価格: 1,296円
発売日: 2011年05月25日
内容:
  人間関係やコミュニケーションが「うまくいかない」のは、大人の発達障害が原因かもしれません。

  発達障害についての知識を深め、共に生きるためのヒントを紹介します。
目次:
【PART1】もしかして、私は大人の発達障害?
1.あなたは大人の発達障害かもしれない?
2.大人の発達障害について知る
・発達障害の原因
・私の場合
・夫の場合
・発達障害の診断
3.大人の発達障害の特徴
・複雑な仕事が困難
4.大人の発達障害〜学習障害・自閉症スペクトラム障害・注意欠陥多動性障害〜
・複数の症状を併せもっている
・主な大人の発達障害
◆大人の発達障害〈1〉学習障害(LD)
・学習障害とは
・学習障害の症状
◆大人の発達障害〈2〉自閉症スペクトラム障害(高機能自閉症・アスペルガー症候群など)
・自閉症スペクトラム障害とは
・ストレスを感じやすい
・顔の認識が難しい
・複数の困難さをもっている
・体を動かすことに不器用さがある
・体温調整の苦手さがある
◆大人の発達障害〈3〉注意欠陥多動性障害(ADHD)
・注意欠陥多動性障害とは
・片づけられない大人たち
・時間にルーズになる
5.発達障害の大人は結構多い
・気づきにくい大人の発達障害
・見えない障害
・発達障害を相談する場所
・診断は難しい
6.女性の発達障害
・女性は不安を抱えやすい
・「女の仕事」がプレッシャーになる
・月経時につらくなる
・家事が段取りよくできない
・発達障害の主婦が困る家事
・片づけのコツ
・だれかに頼る
・子育てのつらさ

【PART2】発達障害かもしれないあなたが、社会で生きていくために
1.安心して人と付き合うために
・理解者を得る
・「発達障害者支援センター」を利用する
2.自分の強みと弱みを知る
・強みと弱みを知る
・自分を知って地域と付き合う
3.自分だけの時間を作って無理をしない
・「世間モード」と「自分モード」を使い分ける
・それぞれの症状に合わせた仕事を選ぶ
4.会話で困らないために
・真剣に受け止めすぎない
・一般的な会話が難しいときは
・話のピントを合わせる
5.コミュ二ケーションスキルを身につける
・相手を察する難しさ
・コミュニケーションについて学ぶ
・コミュニケーションツールを活用する
・5W1Hを具体的に伝える
・伝えたいことに焦点を当てる
6.自分の障害を受け入れる
・診断に落ち込むこともある
・診断をゆっくり受け入れる

【PART3】発達障害かもしれないあなたが、安心して生きていくために
1.心を落ち着かせるために
・自分に合った運動法で体を動かす
・癒しグッズを取り入れる
2.感情修復方法
・三つの感情修復方法のタイプ
・睡眠で疲れを回復する
・肩の力を抜く
3.自尊感情を上げるために
・感謝の手紙を書く
・体調を把握する
・休むことも仕事の一つ
4.こだわりを安定につなげる
・こだわりを仕事に活かす
・こだわりを生活に活かす
5.安定した生活を送るために
・自分だけの「第一言語」を使う時間
・生活リズムを整えるために
・とにかく休む

【PART4】発達障害かもしれないあなたが、日常生活を送るときの工夫
1.安定した生活を送るために
・タイムスケジュールを作る
2.仲間をもつために
・同じ立場の人たちと交流する
・愚痴を言い過ぎない
・仲間が見つからなかったら
・実際に会って話す
・話の聞き方

【PART5】もしかしてこの人、発達障害?
1.身近な人が発達障害だったら
・発達障害の人を客観的に見る
・「あうんの呼吸」を求めすぎないこと
・「通訳」や「交渉人」を入れる
・本人のわかりやすい表現を使う
・本人のエネルギーに合わせすぎない
・エネルギーを奪われたときは
・保護者になりすぎない
2.活躍できる場所を見つける
・得意なところを見つける
・社会に貢献するために
・本人の「こだわり」を活かしていく

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載