書籍_s17021405画像 (新書)  セックスと超高齢社会  「老後の性」と向き合う
著者: 坂爪真吾
価格: 799円
発売日: 2017年02月10日
内容:
★「長寿大国・日本」の現実とは? 性的貧困に陥らないために!

 単身高齢者約600万人のうち、初婚・再婚するのは0・001%。

 また配偶者がいたとしても、75歳になれば男性の2割、女性の6割は離別・死別を経験する。

 その時、私たちは残された自らの「性」とどう向き合えばいいのか。

 シニア婚活の実態、介護現場の問題行動、高齢者向け性産業など……、長寿大国と言われつつもほとんど光が当たってこなかった「超高齢時代の性」の問題に個人・社会の両面から挑んだ一冊。
目次:
第1章 「現在」と「過去」から考える
 「死ぬまでセックス」という幻想
 高齢者の性の社会史

第2章 老後の性をめぐる「理想」と「現実」
 「老後における理想の性生活」とは?
 データから見る高齢者の性のリアル
 「ありもしない救済」からの卒業

第3章 「セーフティネット」は存在するか?
 肉食系高齢者のストイックな生活
 「高齢者専門風俗店」の実像に迫る
 移り変わるアダルトビデオの世界
 現実と虚構の狭間で輝く官能小説
 女性高齢者の性から考える「第三の道」

第4章 介護現場での性的支援・最前線
 希望としてのユマニチュード
 QOLを守るための性的支援とは?
 介護現場でのセクハラの実態
 「人間らしさ」をあきらめないために

第5章 老後の性をデザインする
 老後の性を満ち足りたものにする条件とは?
 等身体のロールモデルをつくり出せ
 性的に「成仏」するために

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載