書籍_s17021406画像 発達のひかりは時代に充ちたか?  療育記録映画『夜明け前の子どもたち』から学ぶ
編著: 田村和宏、玉村公二彦、中村隆一
価格: 2,700円
発売日: 2017年02月28日
内容:
★『夜明け前の子どもたち』再び

 半世紀前『この子らを世の光りに』の糸賀一雄、田中昌人らがつくった「療育記録映画」を現代的視点で問い直す。

 その時代に誕生した「発達保障」のいま、福祉の市場化や教育統制の強まりの中で、もう一度、生の営みを見直すきっかけを。

 コラム/白石正久・木下孝司・西垣順子・河合隆平
目次:
プロローグ

第1部 発達保障の実践を築く
 第1章 「夜明け前」につながる重症心身障害施設の胎動
 第2章 『夜明けの子どもたち』と実践をつなげたリーダーの教え
 第3章 いま、療育は

第2部 『夜明けの子どもたち』の製作過程と映画スタッフたち
 第1章 『夜明けの子どもたち』への序奏
 第2章 『夜明けの子どもたち』の製作過程
 第3章 療育実践と記録の歯車 撮影の過程を中心に
 第4章 ぶつかりあう思いと編集の過程
 第5章 『夜明けの子どもたち』の上映とその後のスタッフたち

第3部 あらためて『夜明けの子どもたち』の発達の世界に迫る
 第1章 「心の発見」から目をそらせることなく
 第2章 「心の窓」を吹き抜ける風をもとめて
 第3章 しもちゃん・りょうちゃん・なべちゃん・うえだくん、そして私たちの発達

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載