書籍_s17021513画像 聴覚障害児の発音・発語指導  できることを、できるところから
著者: 永野哲郎
価格: 2,700円
発売日: 2017年02月13日
内容:
★著者自身の聴覚支援(聾)学校教員歴30年余年の指導実践から生み出された指導理論・技術の集大成!

  本書は、聴覚障害のある子ども達の「伝えたい」「通じるようにお話をしたい」という願いに応えるために、発音指導の実際を具体的にわかりやすく紹介しています。

  はじめから順に読まなくても「必要なところから読めること」をコンセプトに、音節ごとに指導手順をカード型にまとめ、できるだけ平易な文章で記しました。

  附録CD-ROMには、PCソフト『発音指導プログラム』(Windows用)や発音練習用の文字カードなどが収録されています。
目次:
序 章
1 いくつかのエピソード
2 この本のコンセプト
3 表記の仕方について
4 よく質問をされること

第1章 発音・発語指導をはじめる前に
1 発音・発語指導の目的 
(1)明瞭な発音・発語技術の習得の面から
(2)日本語の習得の面から
2 聴覚補償、言語指導、発音指導は三位一体
3 発音指導についての考え方
(1)重度聴覚障害児の発音指導での日本語の音節の考え方
(2)呼気の指導について
(3)口声模倣について
4 発音の指導計画作成の手順
(1)発音明瞭度検査(事前評価)
(2)指導計画の作成(指導する音節の順番)
(3)評価
(4)教材教具について
(5)発音誘導サイン

第2章 母音の指導
1 日本語の母音の特徴
2 母音の指導の実際
(1)母音の指導
(2)母音の矯正指導
事例1 母音(全体)が鼻にかかった声になる

第3章 半母音の指導
1 半母音(ヤ行音、ワ音)の指導

第4章 行音の指導(1)
1 子音の指導
(1)調音点の指導
(2)調音方法の指導
2 母音後続の指導
3 習熟練習
(1)2音節練習
(2)行音練習
(3)ターンオーバーの練習(母音先行の練習)
(4)語句や文章を使った練習
事例2 ハ行音が母音化する
事例3 ヒ音がシ音化する
(5)パ行音、バ行音、マ行音の混乱を避けるために
事例4 サ行音を発音できない
事例5 カ行音がハ行音化する
事例6 キ音がうまく言えない、カ行音が聞きづらい
事例7 キ音がシ音化する
事例8 ラ音が「アラ」になる

第5章 特殊拍(モーラ)の音節
1 特殊拍(モーラ)の音節の指導
(1)特殊拍(モーラ)とは?
(2)幼児児童生徒の発音から
2 促音(つまる音)の指導
事例9 促音(「っ」)が欠落する
事例10 チ音がキ音に、ツ音がク音になる
3 撥音(はねる音)の指導
事例11 ン音が欠落する
事例12 ン音が付け加えられる

第6章 日常での指導
1 キャリーオーバーの指導
事例13 イ音が鼻音化する
事例14 吸破音(きゅうはおん)
2 韻律の指導
3 発音学習の自学

第7章 行音の指導(2)
1 行音(音節)別の発音明瞭度の成績
(1)濁音と拗音の発音明瞭度
2 濁音の発音について
(1)濁直音の先発音は、「バ行音」
(2)バ行音の指導(含み声要領の確認)
事例15 練習用の文章の作成について
3 拗音の指導について
事例16 練習する時期 拗音の練習の時期
事例17 「フ//」の発音と「ファ//」の発音
ICTの発音指導への活用 ―発音指導機器・技術への期待―
(1)ICTと発音指導
(2)熊本大学 上田裕市先生の発音ソフト
(3)A聴覚支援学校での実践
(4)発音指導とツール

附録 CD-ROM内容一覧
1 PCソフト『発音指導プログラム』(2012B)(Windows)
2 PCソフト『発音指導プログラム』マニュアル(PDFファイル)
3 発音明瞭度検査の説明カード(文字カード「か」、文字カード「ちゃ」)(jpegファイル)
4 発音指導系統図(jpegファイル)
5 発音指導計画作成資料(jpegファイル)
6 発音練習シート(PDFファイル)
7 直音拗音練習用文字カード(PDFファイル)
8 発音指導用語句(wordファイル)
9 パバマ表(いしぐろ・あきら)(PDFファイル)

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載