書籍_s17021606画像 (文庫)  消えたい  虐待された人の生き方から知る心の幸せ
著者: 高橋和巳
価格: 842円
発売日: 2017年02月10日
内容:
  精神科医である著者は、虐待された人たちが「死にたい」ではなく「消えたい」という表現で「自殺への欲求」を語ることに気付いた。

  そこには、前提となる「生きたい」がないのだ。

  彼らがどのように育ち、生き延びて、どんな苦しみを背負っているのかを、丁寧にたどる。

  そして、立ち直っていった経緯を明らかにする中で、人間の存在の不思議さと、幸せの意味に迫る
目次:
第1章 もうこの世から消えてしまいたい
  光の首飾り
  被虐待児の人生から教えてもらったこと

第2章 異なる世界で生きる人々
  私には日にちがない
  私には過去がない、それを返してほしい
  社会的存在ができあがる仕組み
  異邦人―“社会的存在になれなかった被虐待者”
  この地上には異なる二つの世界がある―心理カプセルの内と外

第3章 児童虐待とはどういうものか
  虐待かどうかの、二つの判定基準
  虐待の継続性と異常性―虐待判定その1
  虐待は愛着関係を作れない母親のもとで起こる―親の心理状態の評価

第4章 回復―一緒の世界でみんなと手をつなぐ
  発達障害と誤診された被虐児、浩樹君の回復
  生きる義務感を相対化する
  存在の不確かさゆえに効かない精神療法
  人からもらう愛情、人に与える愛情を取り戻す
  子どもから教えてもらう愛情

第5章 心はさらに広い世界へ
  社会的存在の範囲を生き直す
  二つの存在を同時に生きる
  二つの存在を生きる

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載