書籍_s17021904画像 問題行動!クラスワイドな支援から個別支援へ  インクルーシブ教育システムの構築に向けて
編: 関戸英紀
価格: 2,160円
発売日: 2017年02月01日
内容:
  本書は、児童生徒の問題行動に対し、米国で実践されている3層モデルを援用した“2層モデル”を提案し、この「クラスワイドな支援から個別支援へ」というモデルによって実践された、幼稚園・小学校・高等学校における5つの実践研究と、中学校での、クールワイドな支援に基づいた実践研究を紹介し、その有効性を検証する。
目次:
1章 なぜクラスワイドな支援が必要なのか
  通常の学級に在籍する問題行動を示す児童生徒
  米国における3層モデルから各学級でできる2層モデルへ
  クラスワイドな支援から個別支援へ
  クラスワイドな支援を行うために―集団随伴性に基づいた支援
  個別支援を行うために―機能的アセスメントに基づいた支援
  インクルーシブ教育システムの構築

2章 クラスワイドな支援から個別支援への実際
  問題行動を示す幼児に対するクラスワイドな支援―非依存型集団随伴性と相互依存型集団随伴性の比較を通して
  通常学級での授業参加に困難を示す児童への機能的アセスメントに基づいた支援
  授業中に問題行動を示す小学校通常学級3年生に対する支援
  通常学級に在籍する5名の授業参加に困難を示す児童に対する支援
  中学校全体で取り組むユニバーサルな支援―UP、UDL、CWSSTの実践を通して
  特別な教育的ニーズのある定時制高校生に対する学習支援―協同学習に相互依存型集団随伴性を組み合わせた介入の検討)

3章 まとめと今後の課題

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載