書籍_s17041005画像 ジョブコーチ・ネットワーク JC-NET 2017
編: NPO法人ジョブコーチ・ネットワーク
価格: 1,500円
発売日: 2017年03月11日
内容:
2017年3月11日から開催された「ジョブコーチ・ ネットワーク JC-NET  2017」における発表レジュメ
目次:
・3月10日

<ナイト・セッション>
■行政説明
「障害者雇用施策」〜最新情報を交えて〜
●講師
田中 歩
(厚生労働省職業安定局雇用開発部
障害者雇用対策課地域就労支援室 室長)

パネルディスカッション
●進行
志賀 利一(国立のぞみの園)
●パネリスト
田中 歩(厚生労働省)
酒井 大介(加島友愛会)
鈴木 康弘(地域生活支援センターふっとわーく)

・3月11日

<キーノート・スピーチ>
「就労支援のいま」
小川 浩(JC-NET代表・大妻女子大学)

<プログラム紹介>
コーディネーターによるコンセプト説明

<ワークショップ>
「企業の抱える課題を支援機関と解決するには」
●コーディネーター
近藤秀雄(株式会社NTTデータだいち)
●話題提供者
木下 亜樹(アフラック・ハートフル・
サービス株式会社)
松田 成広(株式会社東急百貨店)
加藤 久博(株式会社京急ウィズ)

<ワークショップ>
「これがジョブコーチ支援だ!」
●コーディネーター
稲葉 健太郎(名古屋市総合リハビリテーション
センター)
●話題提供者
栗谷 佳孝(ブリヂストン・チャレンジド株式会社)
柴田 翠(横浜日吉就労支援センター)
太田 智之(ワークネットきょうと)

<ワークショップ>
「アセスメントから始まる就労支援」
●コーディネーター
森屋 直樹(山梨大学 障害学生修学支援室)
●話題提供者
松尾 江奈(横浜日吉就労支援センター)
早川 奈緒美(自立支援センターいしびき)
西田 有吾(仙台市自閉症相談センター)

<持ち込み企画 >
「障害のある人が活躍する地域づくりについて考える」
●企画者
若尾 勝己(東松山障害者就労支援センター)

<持ち込み企画 >
「定着支援:自己肯定感や所属感を高める支援」〜発達障害や精神障害のある人へのナチュラルサポートや心理的サポートを考える〜

・03月12日

<ワークショップ>
「障害のある人の『働く』をあらためて見つめ直す企業の取り組み」
●コーディネーター
千田 若菜(ながやまメンタルクリニック)
●話題提供者
森下 勝也(株式会社総合プラント)
高田 幸恵(学校法人栄光学園)
扇 健一郎(コカ・コーライーストジャパン
株式会社)

<ワークショップ>
「現場で必要とされる就労支援ネットワーク
〜つくる・つなぐ・育てる〜」
●コーディネーター
堀江 美里(WEL'S新木場)
●話題提供者
木伏 正有(太田区立障がい者就労支援センター)
藤本 賢治(荒川区障害者就労支援センター)
和田 直子(足立区障がい者福祉センターあしすと)
中山 伸大(株式会社ゼネラルパートナーズ)
松本 仁(就業・生活支援センターWEL'S TOKYO)

<ワークショップ>
「発達障害のある人の就労移行支援プログラム」
●コーディネーター
東 良太郎(エンカレッジ)
●話題提供者
小川 卓(ウィング・ビート)
小園 真紀子(福岡ジョブサポート)
星明 聡志(ジョブジョイントおおさか)

<持ち込み企画 >
「Koma2メソッド"第3弾"
〜就労支援のプロセスを後ろから振り返る
入門編〜」
●企画者
小松 邦明(たかはま障がい者支援センター)

<持ち込み企画 >
「ジョブコーチ制度について考える」
●企画者
若尾 勝己(東松山障害者就労支援センター)

<ポスター発表>
全国各地のジョブコーチの実践が発表されます。
<ランチタイム セッション>
「Under5企画」パート
●企画者
松浦 純一(WEL'S新木場)

<シンポジウム>
「あらためて"職場定着"について考える
〜採用前から始まる定着に向けたプロセス〜」
●コーディネーター
小川 浩(大妻女子大学)
●話題提供者
木下 亜樹(アフラック・ハートフル・
サービス株式会社)
綿引 純子(株式会社小松製作所)
石井 浩明(福岡市障がい者就労支援センター)
高谷 さふみ(くしろ・ねむろ障害者就業・
生活支援センターぷれん)

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載