書籍_s17062014画像 小さなモネ  アイリス・グレース  自閉症の少女と子猫の奇跡
著者: アラベラ・カーター・ジョンソン
訳: 吉井 智津
価格: 1,998円
発売日: 2017年07月01日
内容:
  2013年、英国に住む当時3歳の自閉症の少女が描いた絵画が、その卓越した美しさで世界中の注目を集めた。

  アンジェリーナ・ジョリー、アシュトン・カッチャー、ダニエル・ラドクリフも絶賛する、小さな天才画家。

  絵を描くことに喜びを見つけた自閉症の少女アイリスと、固い絆で結ばれた一匹の猫、そして少女を育てる母の姿が困難に立ち向かう勇気をくれる、感動<子育て>ノンフィクション。

  2歳のとき自閉症スペクトラム障害と診断されたアイリス・グレース。

  アイリスの母親である著者は、この予期せぬ出来事に直面し、人生が一変する。

  自閉症の知識がほとんどなかったため、あらゆることが予定通りにいかない状況を、一つずつ理解することから始めなければならなかった。

  戸惑い、苦悩しながら、彼女はアイリスに寄り添い、アイリスのために様々な行動をおこしていく。

  すると、セラピーの一環としてはじめた絵画に、アイリスは自己表現の方法を見つけ出し、非凡の才能を発揮しはじめる。

  そして最高の相棒、子猫のトゥーラとの出会いをきっかけに、閉ざされていたアイリスの世界が、外へ向けてゆっくりと開かれていく―――。
目次:
すべての始まり
アイリス、生まれる
アイリスの世界
さまざまなセラピーを試みる
アイリス、絵と出会う
アイリス、有名になる
子猫トゥーラとアイリス
アイリスの成長
アイリスと子どもたち
アイリスと音楽
前進と後退
そして、冒険はつづく

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載