書籍_s17070304画像 親の財産を守る  最新成年後見・民事信託  利用のしかた
編著: 山田猛司、コンデックス情報研究所
価格: 1,620円
発売日: 2017年07月20日
内容:
  自分が認知症になった時に、お金や介護で家族に迷惑をかけたくない方も必読。
 
  判断能力別チャートで、あなたに最適の制度が選べる!

  新法「成年後見制度利用促進法」や後見人の権限を拡大する民法の改正に対応。

  並んで利用される民事信託についてもやさしく解説。

  イザという時に慌てないために、今スグ準備を始めよう
目次:
 ◇ 成年後見制度の改正ポイント!
 ◇ 成年後見制度の手続きと業務マップ

【第1章】 成年後見制度って、何だろう?
 1: 成年後見制度の基本的な仕組み
 2: 手続の流れと、申立ての前提となる準備

【第2章】 申立てに必要な書類を準備しよう!
 1: どんな書類が必要に?(チェックリスト)
 2: 申立て書類のサンプルと書き方

【第3章】 申立てから審判・登録へ!
 1: 「申立て ⇒ 面接」の後は、結果を待つのみ
 2: 後見等登録事項証明書の取得方法など
 3: 後見人等について、関係機関に登録する
 4: 後見等監督人が選任されることもあります
 5: 法定後見選任までの手続きチェック表

【第4章】 初回報告までの後見人等の仕事
 1: 初回報告までの後見人等の仕事を確認しよう
 2: 「財産目録」と「「年間収支予定表」を作成しよう

【第5章】 後見人等の仕事をしよう!
 1: 後見人等が、行ってはいけないこと
 2: 「財産管理」のポイント 〜日常の財産管理〜
 3: 居住用不動産に関する事務について
 4: 遺産相続に関する事務について
 5: 判断に迷った場合は、家庭裁判所に相談できる
 6: 「身上監護」のポイント 〜日常の身上監護〜
 7: 家庭裁判所に対する「定期報告」について
 8: 終わりに覚えておくこと

【第6章】 保佐制度と補助制度について
 1: 保佐人の仕事内容を確認しましょう
 2: 補助人の仕事内容を確認しましょう

【第7章】 任意後見人って何だろう?
 1: 任意後見制度のイメージと手続きの流れ
 2: 申立て書類のサンプルと書き方
 3: 支援行為(代理権)は、法定後見人と同じです

【第8章】 財産の信託について
 1: 成年後見制度の枠組み内の信託制度があります
 2: 自由に支援を依頼できる「民事信託」という方法
 3: 相続順位の指定の信託 〜二次相続以降〜

  ・全国の法務局・地方法務局所在地一覧
  ・全国の家庭裁判所一覧

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載