書籍_s17070607画像 発達障害の時代とラカン派精神分析  “開かれ”としての自閉をめぐって
著者: 上尾真道、牧瀬英幹
価格: 4,104円
発売日: 2017年06月01日
内容:
 ラカン派精神分析を手掛かりに、臨床と思想の両面から、現代の臨床‐倫理を模索する。

 自閉を「開かれ」としてとらえ、「心」の見方について再考を試みる意欲作。
目次:
第1部 歴史を振り返る
 「発達障害」の問題圏―歴史的・精神分析的考察

第2部 発達障害を「聞く」―ラカン派精神分析臨床の視点から
 発達障害における「生」と「死」の問い―発達障害児と母親との間で何が分有されているのか
 学校×発達障害×精神分析―発達障害と「自我の目覚め」

第3部 現代ラカン派の「自閉」論
 ベルギーのラカン派による施設での臨床について
 ラカン派精神分析における自閉症論
 言語に棲まうものと知―デビリテから睡眠障害へ

第4部 “開かれ”の空間―思想史の視点から
 とぎれとぎれに結びつく―発達障害から関係性を考える
 可能的なものの技法―「自閉」のリトルネロに向けて

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載