書籍_s17071805画像 風の狭間で  「青い芝の会」・生みの親からの伝言
著者: 高山久子
価格: 1,620円
発売日: 2017年07月18日
内容:
  日本の障害者運動を牽引し、優生思想への根源的問いを突きつけた「青い芝の会」をつくった伝説の女性・高山久子の自伝小説。
目次:
序章 カード―二〇〇四年(平成一六年)頃 斐 七十八歳 都内某所

第1章 大正ロマン―斐の系譜・母・祖父母

第2章 宣告―斐 二十代~五十代

第3章 父と娘―一九三五年(昭和一〇年)~ 斐 幼少期

第4章 凡庸の―一九八五年(昭和六〇年)~ 斐 五十九歳~

第5章 男の論理体系―一九六九年(昭和四四年)~ 斐 四十代

第6章 「ただ今ー」―一九八五年(昭和六〇年)~ 斐 五十九歳

第7章 バベルの塔

終章 判決―二〇〇六年(平成一八年) 斐 八十歳

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載