書籍_s17072703画像 インクルーシブ教育システム構築に向けた地域における体制づくりのグランドデザイン
文部科学省モデル事業等の実践を通じて
編: 国立特別支援教育総合研究所
価格: 2,700円
発売日: 2017年07月18日
内容:
  インクルーシブ教育システムにおいては、本人、保護者、教員、学校を地域が支える仕組みが整っていることが望まれます。

  合理的配慮がその基礎となる環境整備のもとで効果的に実施されるために、どの地域(市町村)でも重視すべき内容をまとめました。  
目次:
機仝Φ罎粒詰
 1.研究の全体構想
 2.研究目的及び意義
 3.研究計画・方法

供.ぅ鵐ルーシブ教育システムをめぐる国の動向と本研究の位置づけ
 1.インクルーシブ教育システム構築に向けての国の動き
 2.文部科学省モデル事業とデータベースについて
 3.インクルーシブ教育システム構築のための体制づくりに必要な視点
4.本研究の位置づけ

掘‖寮づくりに重視すべき内容の検討(現状と課題の把握)
1.平成25年度早期からの教育相談・支援体制構築事業実施地域及び、
平成25年度特別支援学校機能強化モデル事業実施地域への実地調査
 2.平成25年度文部科学省インクルーシブ教育システム構築モデル事業
   「モデルスクール」への合理的配慮に関する実地調査
 3.平成25年度文部科学省インクルーシブ教育システム構築モデル事業
   モデル地域「スクールクラスター」に関する実地調査
 4.体制づくりに重視すべき内容の検討(現状と課題の把握

検.ぅ鵐ルーシブ教育システム構築に向けた体制づくりに重視すべき内容
                       (グランドデザイン)
 1.インクルーシブ教育システム構築に向けてのビジョン
 2.行政の組織運営に関すること
 3.乳幼児期からの早期支援体制に関すること
 4.就学相談・就学先決定に関すること
 5.各学校における合理的配慮・基礎的環境整備への支援の取組に関すること
 6.地域資源の活用による教育の充実に関するこ
 7.教育の専門性に関すること
 8.社会基盤の形成に関すること

后〜躪膵融

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載