書籍_s17091307画像 高次脳機能障害領域の作業療法  プログラム立案のポイント
・クリニカル作業療法シリーズ
編: 鈴木孝治
価格: 3,888円
発売日: 2017年09月25日
内容:
★13の高次脳機能障害別に基礎知識・特徴・評価の方法をきちんと整理!

 対象者の生活障害と脳機能の状態に合わせた介入方法を選択して、いかに根拠をもって対処するかを示す。

 失認、失読・失書、失語、失行、遂行機能障害、半側空間無視など13の障害像に対して評価、利点・問題点、介入方略・目標・方針、プログラム、実施(問題解決)など解説。
目次:
第1部 総論―高次脳機能と作業療法
 1.脳の各部位とその機能(障害)
 2.作業療法における高次脳機能(障害)
   の考え方・とらえ方
 3.作業療法の展開(とらえ方の手順)

第2部 各論―障害別の作業療法の展開
 1.意識障害
 2.注意障害
 3.情動障害
 4.記憶障害
 5.失認
 6.失読・失書
 7.失語
 8.失行
 9.遂行機能障害
 10.半側空間無視
 11.着衣障害
 12.右半球コミュニケーション障害
 13.社会的行動障害

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載