書籍_s17091701画像 精神科医はくすりを出すときこう考える
著者: 仙波純一
価格: 1,836円
発売日: 2017年09月25日
内容:
  医者は臨床現場で何を考えながらくすりを出すのか。

  精神科のくすりはどのくらい効くのか、心理療法との違いは何か。

  平易に語る。
目次:
1 処方の背景にある医者の考え方
2 複雑な処方に陥らない医者が知っていること
3 「効果のあるくすり」が世に出てくるまで
4 臨床試験の結果を読み解く
5 精神科のくすりの実力は?──他科のくすりと比較する
6 薬物療法と精神療法の効果を比較する
7 何でも一緒はいけません──精神療法と薬物療法
8 精神科医と心理職はどのように協働しているか
9 プラセボ効果の深い意味
10 個人の経験重視の治療法から「診療ガイドライン」へ
11 診療ガイドラインは誰のため?
12 薬物療法のリアルな理屈(その1)
13 薬物療法のリアルな理屈(その2)
14 多剤併用療法の悪いくせ

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載