書籍_s17091901画像 ワーキングメモリと英語入門  多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの提案
著者: 藤堂 栄子
編著: 湯澤美紀、湯澤正通、山下桂世子
価格: 2,376円
発売日: 2017年08月20日
内容:
★なぜ私たちは英語が聞き取りにくいのか?

★英語の早期教育はどうあるべきか?

 脳のメモ帳=ワーキングメモリの観点から,「日本語耳」の特徴を活かした英語学習のあり方を提案する。

 音声,文字,動作,絵を用いて子どもの感覚をマルチに刺激,主体的な学びへと導く,ユニバーサルデザインとしての英語指導法を具体的に紹介。
目次:
●Part 1 理論編

Chapter 1 日本の子どもの母語の習得と英語の聞き取り
1.はじめに
2.言語のリズム
3.母語の習得のはじまり
4.母語習得の鍵は応答性
5.日本語の音のリズムへの気づき
6.日本語耳では,英語の音声が聞き取りにくい?
7.日本語耳で英語を聞き取るのは難しい
8.頭の中で起きている処理オーバー

Chapter 2 日本人が,英語を聞き取れないわけは?
1.はじめに
2.日本人は英語を細かく切っている
3.日本人は英語の発音が苦手なわけではない
4.日本語耳のメカニズム
5.英語の隠れディスレクシア
6.すべての子どもに英語学習の機会を

Chapter 3 日本語耳を生かした英語の学習
1.はじめに
2.苦手を得意に変えられる
3.英語の聞き取りにくさを克服するには?
4.ワーキングメモリをフルに活かそう!
5.本書で提案するシンセティック・フォニックス

Chapter 4 多感覚を用いたシンセティック・フォニックスの学習の原理
1.はじめに
2.音声,文字,動作,絵
3.基本活動

●Part 2 実践編

Chapter 5 「言葉のプロジェクト:牘儻譟蹐硫擦寮こΔ鮹戯する」―概要と成果―
1.はじめに
2.音声体験・基礎活動の効果(事後テストI・事後テストII)
3.発展活動の効果(事後テストIII)

Chapter 6 「言葉のプロジェクト:牘儻譟蹐硫擦寮こΔ鮹戯する」―実践内容―
1.はじめに
2.音声体験活動
3.基礎活動
4.発展活動I
5.発展活動II

Chapter 7 学びにくさのある子どもたちのための英語の活動―ユニバーサルデザインと一人ひとりの成長―
1.はじめに
2.アセスメントでの子どもたちの姿
3.見えてきた子どもの学び方
4.基礎活動・発展活動の概要
5.基礎活動時の環境構成

Chapter 8 入門期における支援ツール
1.はじめに
2.ジョリーラーニング社製教材
3.自作教材

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載