書籍_s17091913画像 人生の質を高める! キャリア教育 <家庭生活・学校生活・地域生活・職業生活>よりよく「生きる・働く」ための授業づくり
編著: 上岡一世
価格: 2,484円
発売日: 2017年10月05日
内容:
  障害のある子どもたちの将来の生活に視点をあて学校卒業後、質の高い人生を送ることができるようになるために、学校は家庭・地域等と連携して何を教えるべきかを、福井県立嶺南西特別支援学校の「日常生活の指導」「生活単元学習」「作業学習」の実践事例を交えて紹介。
目次:
まえがき

第1章 特別支援教育の課題と今後の方向性
1 人生の質を高める教育とは
(1) どういう内面の育ちが必要か
(2) 全人教育の推進
(3) 自ら社会参加(生活適応)する
(4) 自分を知る
(5) 人生の質を高めるために重視すべきこと
 ‖減濂礎佑鮃發瓩
◆ー匆馘役割を高める
 コミュニケーション力を高める
2 生きる力・働く力とは
(1) 生きる力とは
(2) 生きる力につながる力
 〇弭諭と獣如じ通しをもって主体的に行動する力
◆“眠修垢詢
 地域生活に適応する力
(3) 働く力とは
(4) 働く力につながる力
 〔榲,目標の達成に向けて努力する力
◆々弩イ任る力
 職業生活に適応する力
3 「日常生活の指導」と意識の向上
(1) 自分のことは自分でしなければいけないという意識
(2) 主体的にしようとする意識
(3) 目的意識
(4) 支援を求める意識
(5) 日常生活の指導のまとめ
 ーりの人に受け入れられる行動を身につける
◆ーりの人を意識した行動ができるようにする
 ベースラインに基づく指導を行う
ぁ〇惻┐鬚靴覆ぢ弍を考える
4 「生活単元学習」と主体性の向上
(1) 自らする生活を当たり前にする
(2) 主体的に役割,課題を果たす生活を当たり前にする
(3) 自らかかわる生活を当たり前にする
(4) 自ら支援を求める生活を当たり前にする
(5) 生活単元学習のまとめ
 ゞ縮・関心がもてる学習
◆〇劼匹發亮詑屬帽腓辰神験莢歛蝓ぬ魍笋料定
 全体と部分の両方を理解した学習
5 「作業学習」と意欲の向上
(1) スキルよりも働く意欲に焦点を当てる
(2) 人間性を育てる
(3) 貢献の体験を積み重ねる
(4) 作業学習のまとめ
 ^貎佑納舛旅發ず邏箸できる子ども
◆ーらが努力してスキルを高めることのできる子ども
 自覚,責任感,目的意識がもてる子ども
ぁ々弩イ鬚靴討い襪海箸実感できる子ども

第2章 人生の質を高める教育課程の編成
1 連続性・総合性・積み重ねを重視した教育課程を編成する
(1) 基本的生活への適応(日常生活の指導)
(2) 地域生活への適応(生活単元学習)
(3) 職業生活への適応(作業学習)
2 人生の質を高めることを目指す教育課程を編成する
3 キャリア発達の促進を目指す教育課程を編成する
4 授業の見直し
(1) 授業と発達
(2) 日常生活の自立
(3) 生活への適応
(4) 職業生活への貢献
(5) 人生の質の向上
5 授業改善のポイント
(1) 「できる・わかる・見通しのもてる」授業
(2) 学習活動がフルに確保されている授業
(3) させられるのではなく,自らやる授業
(4) 生活の質,集団の質を高めることを意識した授業
(5) 役割,課題を主体的に果たす授業
(6) 子どもが思考,判断,工夫ができる授業
(7) 教師のかかわりが少ない授業
(8) 子どもが自己評価できる授業
6 支援・対応の改善
(1) 子どもが気づき行動し始める支援
(2) ねらい,目的を明確にして行う支援
(3) 成功体験を実感する支援
(4) スキルよりも主体的行動を優先する支援
(5) 教材,教具,構造化等は発達的視点を重視する
(6) 子どもは教師が側についているほど安定しない
(7) 学習中は身体接触(手つなぎ等)は避ける
(8) 見て学ぶ支援を重視する
(9) 教師の働きかけは機能しているかどうかで評価する
(10) 新たな役割,課題に挑戦する対応を行う
(11) 目標行動を設定し,それをクリアする体験を積み重ねる
(12) 学習の終わりと終わった後の行動が理解できるようにする
(13) 対症療法的対応は効果がない
(14) 主体的行動はスタートと終わりが重要である
(15) すべての生活,すべての授業において基本行動を重視する

第3章 生活適応教育の実際
1 生活適応教育の目指すべきこと
2 生活適応とは
3 生活適応学習の実際
(1) 家庭生活(学校生活)に適応する日常生活の指導の実際
家族の一員としての役割の指導の実際
・炊事
・掃除
・洗濯
(2) 学校生活・地域生活への適応学習の実際(生活単元学習)
 [翔鄒焼段婿抉膤惺擦寮験菽姥騎惱
◆‐学部の生活単元学習 「地域の小学生を笑顔にするチャレンジランド」
 中学部の生活単元学習 「地域の人を屋台に招待しよう」
(3) 職業生活への適応学習の実際(作業学習)
 [翔鄒焼段婿抉膤惺擦虜邏罰惱
◆〔攅作業 「名人検定を取り入れ自らスキルアップを目指す木工作業」
 陶芸作業 「買い手を意識して質の高い製品を作る陶芸作業」
ぁ.リーン・サービス作業 「清掃検定を生かし地域への貢献を目指す清掃作業」
ァ.┘魁Εリーン作業 「リーダーを中心に自分たちだけで進めるリサイクル作業」

執筆者紹介

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載