書籍_s17110102画像 合理的配慮義務の横断的検討  差別・格差等をめぐる裁判例の考察を中心に
編: 九州弁護士会連合会、大分県弁護士会
価格: 3,888円
発売日: 2017年10月27日
内容:
 日本は2014年に障害者権利条約に批准し、これによって国内法の整備として障害者差別解消法や障害者雇用促進法に「合理的配慮義務」が規定された。

 本書は、わが国の障害者法制における合理的配慮の現状と課題を確認し、その考え方(合理的配慮論)を障害分野以外の他の法分野(労働契約、性的少数者、信教、消費者契約など)に適用できないかを、裁判例の分析・検討を踏まえて考察する。
目次:
序 章 検討課題の設定

第1部 合理的配慮論の現状と課題
第1章 わが国の障害者法制における合理的配慮

第2部 合理的配慮論の内実
第2章 合理的配慮論の歴史と展開
第3章 障害分野における合理的配慮論
第3部 合理的配慮論の展開可能性
第4章 労働法分野における合理的配慮論の展開可能性
第5章 その他の法分野への合理的配慮論の展開可能性

終 章 総括

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載