書籍_s17112201画像 ACT-Kの挑戦  [増補新版]  ACTがひらく精神医療・福祉の未来
著者: 高木俊介
価格: 1,836円
発売日: 2017年11月17日
内容:
★病院から地域へ!

 ACT-Kの誕生から10年以上の歳月が過ぎた。

 24時間365日、重度の精神障害をもった人たちに寄り添い共に生きる地域包括ケアの実践は、この国の精神医療・福祉のひとつのささやかな到達点であった。

 しかし、10年の間に生じたこの国の変化は、この小さな試みにも大きな危機をもたらす。

 その壁を打ち破り、地域に根付いた新たな実践をめざす再挑戦の記録。

 ――ACT-Kの設立からまるまる13年となり、旧版の発行から10年が経とうとしています。

 その間、悲しいことに、精神病院を中心とするわが国の精神医療体制はほとんど変わっていません。

 それにもかかわらず、私たちが作ったACT-Kは、おそらく組織というものがもつ宿命でしょう、内には少なからぬ澱がたまり、それが外からの環境変化の圧力とあいまって、組織を大きく改編せざるを得ませんでした。

 この数年間、そのことで侃々諤々の議論を繰り返し、多くの時間と労力を費やし、ようやく新しい光が見え始めたところです。

[増補新版あとがきより]
目次:
はじめに

第1章 ACT-Kの挑戦、10年目の壁

第2章 ACTとは何か

第3章 地域生活支援と

第4章 メルトダウンする精神医療・福祉体制

第5章 ACT-Kの誕生と現状

第6章 地域精神医療・福祉における支援関係の原則

第7章 ACT-Kの挑戦、再び

補論1 ACTは脱施設化を促進できるのか?
―理念なきACT導入を危惧する

補論2 白雪姫の毒リンゴ、知らぬが仏の毒みかん
― 理新オレンジプランと認知症大収容時代の到来

補論3 統合失調症の薬物療法神話から脱しよう
― 薬物療法は統合失調症の予後を改善したのか

初版あとがき
増補新版あとがき

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載