書籍_s17120501画像 精神障害をもつ人のための  親なき後に備える
編: 認定特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
価格: 1,296円
発売日: 2017年10月25日
内容:
  「親なき後に備える」ために、何を話し合い、何をすればよいのかがわかる本。

  「親なき後のことは今の問題」として考える必要があります。この本には、当事者・家族・専門家の人達がそれぞれの立場から具体的な体験と知恵を語っています。

  そのため、いろいろなヒントをもらうことができ、自分にもできること、今しておいたほうがよいことなど、一人で考えているだけではどうにもならないことについて、行動を始めるきっかけになります。

  「親なき後」に備えるためには、まず家族での話し合いから始まりますが、どんなことを話し合えばよいのかなかなか整理がつかないと思います。

  この本の巻末には、お金のやりくり、家の管理、家事のこと、などなどの話し合いのための項目のリストもついています。

  当事者、家族、支援者に役立ててもらいたい一冊です。
目次:
第1章 伝えたいこと

親がなくなった方達の体験談
 親がいなくても生活できています/終活をしっかりしてくれた親に感謝/親なき後10年/親なき後―妹の立場として
親なき後で困ったことの体験談
 残された遺言が無効でした/頭の中が真っ白に/1人の大変さ
親なき後に備えて私がしていること(体験談)
 グループホームへ/1人でも/本やリストの用意/父親として
がんばりすぎない むりしない
親の立場から思うこと
私にもできるんちゃうかなあ
親のあるうちの今!
兄弟姉妹の立場から思うこと
家族にとって親なき後の心配は生きた悲しみ
親なき後の不安とどのように向き合うのか
生活力がないこと・経済的なこと・心理的なさびしさについて考える(Q&A)
  楽しみをもつことが大事/できないことはホームヘルプという手も/1人暮らしを体験してみました/親と離れて暮らしてみる/できることからやっています/少しずつ慣れていく/親の立場から/いくらかかるのか具体化してみる/障害年金と生活保護があります/お金について把握しておくことが必要/支援者とつながることも選択肢の1つ/仕事につくことも考える/生活保護も考えてみる/近所の人とのふれあい /ネコに癒されながら/手をさしのべれば誰かが/つながりを途切らせない/よい仲間、支えてくれる人、そして時間/つながりを築いておく/がんばりすぎない自分になる/思い出や共有する時間をつくる/親なき後のアンケート

第2章 学びたいこと

親なき後にどのように備えるか
親なき後も病いと向き合い地域で暮らしていく生活力
お金より人を遺す
親なき後は、結構なんとかなるものです
家族で親なき後のことを話し合うためのヒント

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載