書籍_s17120705画像 新成年後見制度の解説  【改訂版】
著者: 福本修也、岡田伸太、原司、西岡慶記
編著: 小林昭彦、大門匡、岩井伸晃
価格: 7,020円
発売日: 2017年12月22日
内容:
 立案担当者による最も詳細な立法解説書を18年ぶりに全面的に改訂し、 数次の民法改正や家事事件手続法・成年後見制度利用促進法の制定等を反映

●詳細な立法解説の全般に最新の法令改正を反映し、新旧対照表など資料も充実

●後見制度支援信託や診断書など最新の実務の運用を加筆し、統計資料も新規掲載
●弁護士・司法書士、裁判官・裁判所書記官等の法律実務家など、成年後見制度に携わるすべての関係者にとって必携の1冊
目次:
第一部 新しい成年後見制度の解説

第一章 成年後見制度の意義と改正の背景・経緯等
一 成年後見制度の意義
二 成年後見制度の改正の背景
三 成年後見制度の改正の経緯
四 立法の形式―成年後見関連四法の構成
五 平成11年改正後の関係法令の改正等

第二章 新しい成年後見制度の概要
一 法定後見制度と任意後見制度
二 法定後見制度の概要(改正民法)
三 任意後見制度の概要(任意後見契約に関する法律)
四 後見登記等の制度の概要(後見登記等に関する法律)
五 自己決定の尊重の理念と新しい成年後見制度

第三章 法定後見制度の解説(改正民法の解説)

機(篏・保佐・後見の制度
一 「補助」制度
二 「保佐」制度
三 「後見」制度
四 開始の審判相互の調整等
五 取引の相手方との関係

供\年後見人等の制度
一 成年後見人等の選任
二 成年後見人等の職務等
三 成年後見人等の辞任・解任
四 保佐人および補助人に関する規定の整備

掘\年後見監督人等の制度
一 成年後見監督人等の制度の主要な改正点
二 成年後見監督人等の選任・職務等

検ヾ愀元定の整備
一 民法中の関係規定の用語の整理等
二 禁治産者および準禁治産者に関する欠格事由の規定(旧第846条第2号、第974条第2号、第1009条)の削除および整備

后_正法附則
一 施行期日(附則第1条関係)
二 民法の一部改正に伴う経過措置の一般原則(附則第2条関係)
三 禁治産および準禁治産の宣告等に関する経過措置(附則第3条関係)

第四章 任意後見制度の解説(任意後見契約に関する法律の解説)
一 総論
二 任意後見契約
三 任意後見監督人の選任
四 任意後見人の事務等
五 任意後見監督人の職務等
六 任意後見契約の終了と対抗要件
七 法定後見(補助・保佐・後見)との関係
八 家事審判手続等
九 施行期日(附則)

第五章 家事審判手続の解説
一 はじめに
二 法定後見に関する審判の手続
三 任意後見に関する審判の手続
四 登記の嘱託
五 経過措置等

第六章 関係法律の整備等の解説
一 総説
二 整備法による主な改正点の概要

第二部 公正証書遺言等の方式の改正

第一章 改正の背景・経緯
一 公正証書遺言の意義
二 旧法の公正証書遺言の方式と諸外国の法制
三 手話通訳をめぐる近年の状況
四 民法改正の検討の経緯

第二章 改正の趣旨・概要

第三章 改正民法の解説
一 公正証書遺言の方式の改正
二 秘密証書遺言の方式の改正
三 死亡危急者遺言・船舶遭難者遺言の方式の改正
四 施行期日等

【付】関連資料

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載