書籍_s17122102画像 非行と反抗がおさえられない子どもたち
・子どものこころの発達を知る  8
著者: 富田拓
価格: 1,944円
発売日: 2017年12月25日
内容:
非行は精神障害としてとらえられるのか?

精神医学的な働きかけがどの程度有効なのか?

環境や対人関係、性格はどのようにその子に影響を与えるのか?

心理、教育、社会の観点を通して問題提起にあふれた本。
目次:
第1章 非行・反抗に「素行症」「反抗挑発症」の診断をつける

1 素行症とは何か
2 反抗挑発症とは何か
3 間欠性爆発症
4 反社会性パーソナリティ障害
5 放火症・窃盗症
6 非行と素行症はどう違う?

第2章 素行症・反抗挑発症と関わりの深い要因は何か?

1 生物学的な要素と併存症
2 心理的な要素
3 社会的な要素
4 リジリエンスという考え方
5 一つの原因では非行は起こらない

第3章 見立て

1 素行症・反抗挑発症の診断と見立て
2 見立ての実際の手順

第4章 働きかけの基本

1 基本的な考え方
2 生物学的な面への働きかけ─薬物療法
3 心理的な面への働きかけと社会的な面への働きかけ
4 家族ができること/子どもの施設の職員ができること
5 地域にある資源
6 専門施設ができること─非行少年のための入所型施設の実際

第5章 再非行防止と非行の予防にむけて

1 3次予防─再発(再非行)の防止
2 重大事件と向き合う
3 発達障害を持つ非行児の贖罪
4 2次予防─非行の早期発見・早期対応
5 1次予防─非行の事前予防
6 諸外国の非行予防策とその経済的側面
7 日本における非行の予防
8 特異な重大事件の予防
9 日本の非行対策の問題点

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載