書籍_s17122503画像 特集・チームで子どもを支える!  多職種連携づくり
・「LD,ADHD&ASD」 2018年1月号
編: 「LD,ADHD&ASD」編集委員会
価格: 970円
発売日: 2017年12月25日
内容:
 その子に合った学び方を見つけたい! 

 今、教室で求められる支援とは? 発達障害のある子どもの多様な学びを支える雑誌です。

 心理と教育のプロ・特別支援教育士資格認定協会編集。

 特別支援教育時代、すべての先生、必読の雑誌です。
目次:
特集について/田中 容子

提言
「チームとしての学校」をめざすために/石隈 利紀
学校にかかわる多職種の「専門職」にはどのようなものがあるか/笹森 洋樹

事例 多職種がかかわり子どもを支援する
(1)言語聴覚士
多職種連携は他職種を知ることから/西川 芳子
(2)言語聴覚士
ことばの発達の視点から学習を考える―教育現場に巡回訪問する中で―/渋谷 純子
(3)作業療法士
ユニバーサルな教室環境整備―全ての子どもに学びやすい環境を―/丹葉 寛之・尾藤 祥子
(4)作業療法士
子どもの身体感覚世界の理解を支援するために―特別支援学級における非常勤作業療法士としての経験から―/埜 都代子
(5)スクールカウンセラー
仕事は全てチームとして連携と協働が大切なものばかり/山根 百合子
(6)スクールソーシャルワーカー
つなぐ・ささえる・つくる―スクールソーシャルワーカーの考えるこれからの子ども家庭支援―/弓田 香織
(7)精神保健福祉士
何のために情報共有をするのか,子どもが希望を持てる明日のために/加藤 雅江

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載