書籍_s17122605画像 人と会っても疲れない  コミュ障のための聴き方・話し方
著者: 印南敦史
価格: 1,404円
発売日: 2018年01月01日
内容:
 若い頃から「コミュ障」を自覚していた著者が、ライターやラジオ番組のパーソナリティーとして、初対面の人の取材を数多くこなせるまでになった「頑張らずにうまくいくノウハウ」を初公開。

 読めば「これなら自分にもできるかも」と実感するはず!
目次:
第1章 コミュ障でなにが悪い?―「陰キャ」「コンプレックス満載」で上等
 多かれ少なかれみんなコミュ障
 コミュ障の初期症状はふんわりとした不安感
 ほか

第2章 地雷を踏まない聴き方のルール―アナザー・アングル・メソッドの考え方
 自分と正反対のタイプと無難に付き合う方法
 苦手な相手の「優しい人」像を勝手にイメージする
 ほか

第3章 「自称コミュ障」が身につけたい伝え方―伝え方の常識「3ステップ」は無視しよう
 コミュ障脱却のプロセスで疲れたら読んでほしい本がある
 「一流のトーク」を目指さないことがポイント
 ほか

第4章 シチュエーション別アドバイス―混乱したら「ジャーナリング」を活用してみよう
 アナタは「ちょいコミュ障」?それとも「かなりコミュ障」?
 会議・プレゼンテーション(集団を相手にするときは?)
 ほか

第5章 心に刺さったピンの外し方―わりと派手で闇の深い半生
 「コミュ障」的要素が育ってしまった理由
 「ひょっとして、あいつに嫉妬してるだけなんじゃないのか?」
 ほか

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載