書籍_s18010408画像 静けさの中の笑顔  ろう者として、通訳者として、そして母として
著者: 石塚由美子
価格: 1,404円
発売日: 2017年12月24日
内容:
  2才の頃、「とびひ」という皮膚感染症にかかり、その治療に処方された薬の副作用で聴覚を失った著者。

  そこから、波乱に富んだ、しかも、明るく、前向きな人生がスタートします。

  ろう学校での生活、その世界から飛び出した普通学校への入学、就職先での悪戦苦闘、結婚、そして母や子供たちなど家族との温かいエピソードなどなど。

  持ち前のポジティブ志向とバイタリティで障害をものともせず、さまざまなことにチャレンジし続けた著者の半生を、涙あり笑いあり、そして大切な出会いの数々を交えながらご紹介。

  さらに本書では、聴覚の障害を持っていることをプラスに転換して「通訳者」としても活躍する、著者の貴重な経験も網羅しています。

  くわえて、著者が現在働くNPO法人視聴覚二重障害者福祉センター「すまいる」の立ち上げから活動まで、ろう者とのコミュニケーションのとり方、目と耳の両方に障害を持つ盲ろう者のことなどについても語り、障害に対する理解と共感を呼ぶ、感動の一冊となっています。
目次:
第1章 ろうの子どもとして

第2章 聞こえる人の世界へ

第3章 就職・結婚

第4章 すまいる

第5章 盲ろう者の通訳として

第6章 ろう者のひとりごと

第7章 よりよいコミュニケーションのために

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載