書籍_s18011001画像 大人になっても敏感で傷つきやすいあなたへの19の処方箋
著者: 長沼睦雄
価格: 1,404円
発売日: 2018年03月01日
内容:
★とても敏感な気質だから人生が豊かになる!

傷つきやすさは思春期だけだと思っていた…
なのに大人になってもこんなにも傷つきやすいのはなぜ?――

ちょっとした他人の言葉に傷ついてしまったり、ちょっとしたことにすぐにびっくりしてしまったり、すぐにパニックに陥ってしまったり、クヨクヨと悩んで抜け出せなかったり、……自分が、敏感すぎる、繊細すぎると思うことはありませんか?

それは弱いからでも、根性が足りないからでもありません。

生まれつきとても敏感な「HSP気質」かもしれないのです。

HSPはアスペルガー症候群やADHDなどのように今注目されつつあります。

大人になっても、傷つきやすいのは恥ずかしいという人も、気質のせいかもしれないと思うと心がラクになるもの。

事実、HSP気質の人は、5人に1人もの割合でいると言われています。

HSP気質の人は、傷つきやすい、敏感すぎる反面、豊かな想像力や内面世界を持っているのが特徴です。

その気質に気づき、うまく付き合えば、もっと楽しくのびのびと生きていくことができるのです。

本書は、「HSP気質」の人が自分の性質を生かし、のびのびと生活していくための実践的な習慣や考え方を、処方箋としてわかりやすく読みやすく紹介する一冊です。

ありのままの自分でもっと豊かな人生を歩んでいきませんか?

本書がそのきっかけとなるはずです。
目次:
1)びくびくする、くよくよするのは、HSPだからかもしれない

・傷つきやすさを抱えたまま大人になったあなたへ
・なぜあなたは気を使いすぎてしまうのか
・なぜあなたはとても怖がりなのか
・なぜあなたはいつも頑張りすぎてしまうのか
・なぜあなたは道化師を演ずるのか
・なぜあなたはいつもここではないどこかへ行きたいのか
・傷つきやすさはあなたの弱さのせいではない
・その想像力があなたをもっと輝かせる

2)傷つきやすいあなたへの15の処方箋

1:自分を責めない
2:ネガティブな人に近づかない
3:人の意見はゆっくり判断する
4:最初の感情・感覚に目を向ける
5:相手は相手、自分は自分と考える
6:できない仕事は断る
7:友だちは1人いればいいと考える
8:気がのらない日は誘いを断る
9:プラス思考ではなくプラスの感情に目を向ける
10:合わない環境からは逃げ出す
11:誰とも話さなくてもいいと考える
12:ルーティーンを大切にする
13:化学調味料をやめる
14:アドバイスしすぎる相手に要注意する
15:自分はHSPだと自覚する

3)どうしてもつらいときの応急処置

●ライオンの吐き出し
●寝る前のプチ瞑想
●やる気を引きだすブレインジム
●心を癒す指先タッピング

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載