書籍_s18011502画像 (新書)  こころの病に挑んだ知の巨人
著者: 山竹伸二
価格: 972円
発売日: 2018年01月10日
内容:
  森田正馬、土居健郎、河合隼雄、木村敏、中井久夫。

  明治以降一〇〇年にわたる「心の病」との格闘のなかで、彼らは日本の文化に合った精神医療、心の治療の領域を切り開いてきた。日本人の心とはなにか。

  その病をどう癒すのか。

  臨床心理学・精神医学の広範な知見を活かしつつ、独自の人間理解から患者と向き合い続けた五人を取り上げ、その理論の本質と功績をわかりやすく解説する。
目次:
序章 日本の心の治療を支えてきた人々

第1章 森田正馬―思想の矛盾を超えて

第2章 土居健郎―「甘え」理論と精神分析

第3章 河合隼雄―無意識との対話

第4章 木村敏―現象学から生命論へ

第5章 中井久夫―「世に棲む」ための臨床

終章 文化を超えた心の治療へ

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載