書籍_s18013101画像 病気のひとのこころ  医療のなかでの心理学
編: 松井三枝、井村修
監修: 日本心理学会
価格: 2,160円
発売日: 2018年01月25日
内容:
 「患者のこころのありよう」はその抱える疾患や重症度によってさまざまであり、それぞれの特徴を理解したきめ細やかなアプローチが求められる。

 本書では身体疾患から精神疾患まで幅広くとりあげ、医療現場にある心理職の活動にも言及しながら、患者のこころを理解するヒントと基礎知識を提供する。
目次:
編者はじめに

第1章 痛みをもつこころと援助

第2章 透析患者のこころの理解

第3章 筋ジストロフィーの人のこころと援助

第4章 エイズになることとその援助

第5章 がんの人のこころとその援助

第6章 がんの治療を受ける子どもをいかに支えるか

第7章 周産期医療とこころの支援――妊娠・出産・赤ちゃんの育ちをめぐって

第8章 認知症者の脳とこころ――神経心理学的アプローチ

第9章 脳にダメージを受けた方たちのこころとその支援

第10章 精神の病と脳のはたらき――統合失調症を中心に

編者おわりに
文 献
索 引

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載