書籍_s18020201画像 「高齢者てんかん」のすべて
著者: 久保田有一
価格: 1,728円
発売日: 2017年08月21日
内容:
★なんと2025年には100万人超が発症!?

★医者も知らない病気の正体!! 高齢者ドライバー事故もこの病気が原因?
「認知症」と診断され誤った処方をされるケース続出!!

 急速な高齢化の進展とともに、意識が突然、途切れてしまう「高齢者てんかん」を患う患者さんが増えている。最近、頻発する高齢者ドライバーの事故の中にも、この病気が疑われるものもある。

 しかし、症状が認知症と似ているため、適切な処置が受けられず、病気を進行させている患者さんが多い。

 そもそも「高齢者てんかん」に対する認知度が低いため、専門家であるはずの医療関係者でも診断ができず、十分な処置が下されていない。

 一方で、薬を早期に服用すれば治る病気だけに、早期発見・早期治療が大切になる。

親族に高齢者を持つ人たちはもちろん、老人ホームやデイサービスの介護スタッフ、そしてもっとも重要な家庭医や内科医などの医療関係者まで、高齢者てんかんについて知っておきたい知識と情報をまとめた日本で初めての本。
目次:
本書の構成

プロローグ 「高齢者てんかん」を知っていますか?▽50歳代から発症する脳の萎縮に伴う病気

第1部 ケース・スタディで学ぶ「高齢者てんかん」
1章 誰もがかかりうる、誰も知らない病気▽「てんかん」は子どもがかかる特別な病気ではない
2章 認知症やうつ病と間違われやすく、併発することもある▽「てんかん」らしくない静かな発作
3章 高齢者てんかんは診断がむずかしい▽脳波の異常が現れるのは発作時のみ
4章 高齢者てんかんは適切な服薬でコントロールできる▽症状改善のポイントは抗てんかん薬との相性
5章 高齢者てんかん発見のカギは、周囲の関心と理解▽「異常なし」と診断されたときこそ疑ってほしい

第2部 診断のポイントと治療の注意点
6章 高齢者てんかんの診断▽てんかんの診断は発作がすべて
7章 高齢者てんかんの治療▽高齢者てんかんの治療は服薬が基本

エピローグ 高齢者てんかんとともに暮らす▽てんかん患者を支える地域社会

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載