書籍_s18020505画像 福祉は「性」とどう向き合うか  障害者・高齢者の恋愛・結婚
著者: 結城康博 、米村美奈、武子愛、後藤宰人
価格: 2,376円
発売日: 2018年02月25日
内容:
 「私、知的障害者だから恋愛できないね」は、日本社会の現実なのか。

 老いらくの性は、年甲斐もないことなのか。

 障害者・高齢者の性・恋愛・結婚は、自己責任なのか。

 本書は、当事者とその家族・支援者(福祉職員・街コン関係者等)へのインタビュー等を基に、「機会平等」の観点から支援の是非・あり方について考えたものである。

 「自己決定の尊重」と「社会規範」の狭間にある、誰もが持つ「性的ニーズ」への支援について真正面から捉えた一冊。

[ここがポイント]

◎ 誰もが持つ「性的ニーズ」への支援を真正面から捉えた一冊。

◎ 支援者、当事者、当事者の家族の三者への聞き取り調査を通し、福祉現場で生じているジレンマを明示。

◎ 「自己決定の尊重」と「社会規範」の狭間にあるニーズに対する福祉のあり方を考察。
目次:
まえがき

序 章 福祉専門職の悩み 現場からの報告(結城康博)

第I部 高齢者・障害者の性

第1章 高齢者の性・恋愛・結婚(後藤宰人)
第2章 高齢者と性風俗(後藤宰人)
第3章 障害者の性・恋愛・結婚 肢体不自由者の場合(武子愛)
第4章 障害者の性・恋愛・結婚 知的障害者の場合(武子愛)
第5章 障害者と性風俗(後藤宰人)

第II部 利用者の「性的ニーズ」と福祉専門職

第6章 「性的ニーズ」と向き合うことになった福祉専門職(武子愛)
第7章 「性的ニーズ」をどのように捉えるのか(武子愛)

第III部 公共政策・社会環境から見た「性的ニーズ」

第8章 「性的ニーズ」への支援と公共政策(結城康博)
第9章 「性的ニーズ」を取り巻く社会環境 社会福祉の視点から(米村美奈)

終 章 自己決定を尊重した支援は可能か(米村美奈)

あとがき
索 引

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載