書籍_s18021505画像 子どもの人権をまもるために
編著: 木村草太
価格: 1,836円
発売日: 2018年02月10日
内容:
  「子どもには人権がある」と言われるが、ほんとうにその権利は保障されているか。

  大人の「管理の都合」ばかりが優先され、「子どもだから仕方ない」で片づけられてはいないか。

  貧困、虐待、指導死、保育不足など、いま子どもたちに降りかかるさまざまな困難はまさに「人権侵害」。

  この困難から子どもをまもるべく、現場のアクティビストと憲法学者が手を結んだ。

  子どもたちがどんなところで困難を抱え、なにをすればその支えになれるのか。

  「子どものためになる大人でありたい」と願う人に届けたい、緊急論考集。
目次:
序章 子どもの権利──理論と体系 木村草太

【第1部 家庭】
第1章 虐待──乗り越えるべき四つの困難 宮田雄吾
第2章 貧困──子どもの権利から問う、子どもの貧困 山野良一
第3章 保育──待機児童問題は大きな人権侵害 駒崎弘樹
第4章 10代の居場所──「困っている子ども」が安心できる場を 仁藤夢乃
第5章 障害──障害をもつ子どもへの暴力を防ぐために 熊谷晋一郎
第6章 離婚・再婚──子どもの権利を保障するために親が考えるべきこと 大塚玲子

【第2部 学校】
第7章 体育・部活動──リスクとしての教育 内田良
第8章 指導死──学校における最大の人権侵害 大貫隆志
第9章 不登校──再登校よりも自立の支援を 大原榮子
第10章 道徳教育──「道徳の教科化」がはらむ問題と可能性 前川喜平
第11章 保健室──学校で唯一評価と無縁の避難所 白靈了
第12章 学校の全体主義──比較社会学の方法から 内藤朝雄

【第3部 法律・制度】
第13章 児童相談所・子どもの代理人──子どもの意見表明権を保障する 山下敏雅
第14章 里親制度──子どもの最善の利益を考えた運用を 村田和木
第15章 LGBT──多様な性を誰も教えてくれない 南和行
第16章 世界の子ども──身体の自由、教育への権利、性と生殖に関する健康 土井香苗

終章 子どもの権利を考える──現場の声と法制度をつなぐために 木村草太

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載