書籍_s18022214画像 特集・個人情報保護の視点から後見実務を見直す
・「実践 成年後見」 No.73
監修: [編集顧問]新井誠
価格: 1,836円
発売日: 2018年03月01日
内容:
★成年後見実務に関する最新の情報を提供する唯一の専門雑誌! 

  専門誌としてのクオリティはそのままに、成年後見制度の広がり、かかわる方の多様化に対応して誌面を刷新!

  毎号の特集では実務で直面している問題点に焦点をあて、わかりやすく解説!

  後見実務に携わる弁護士、司法書士、社会福祉士等の実務家をはじめ、研究者、行政担当者、福祉関係者、市民後見人等にとって役立つ情報が満載!

[編集顧問]新井誠

[編集委員]赤沼康弘・池田惠利子・大貫正男・小嶋珠実・高橋弘・森徹・(公社)成年後見センター・リーガルサポート(宮本秀晃・辻井宏)
[企画](公社)成年後見センター・リーガルサポート
目次:
特集 個人情報保護の視点から後見実務を見直す

1 民間事業者が遵守すべき個人情報保護法の概要
  東京大学教授 宇賀克也

2 公的部門における個人情報保護法制
  弁護士・京都大学大学院医学研究科講師 岡村久道

3 ドイツにみる成年後見と個人情報保護の課題
  広島大学教授 神野礼斉

4 専門職団体の会員に対する監督・指導における個人情報取扱いの課題
  公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート常任理事・司法書士 田代政和

5 地域連携ネットワークと個人情報の保護
  社会福祉士 乙幡美佐江

6 緊急事態等における成年後見人等の個人情報取扱いの実務
  弁護士 八杖友一

論説・解説

・成年後見制度と意思決定支援
 日本弁護士連合会高齢者・障がい者権利擁護支援センター運営委員・弁護士 水島俊彦
 弁護士 児玉洋子

・法的世話の質に関する調査研究結果を聞いて
 税理士 福田智子

【裁判例研究】療養監護事務の権限のみを有する成年後見人が行った財産管理事務に関する行為について、当該成年後見人が財産管理事務の権限を有するに至った時点で当然に有効になるとされた事例──東京地裁平成21年2月25日判決──
 青山学院大学教授 熊谷士郎  

事例

[1]本人の思いを尊重し、施設から在宅生活へ戻った事例〔後見〕
   社会福祉士 小森弘道/〔ガイド〕社会福祉士 竹之内章代

[2]本人と歩んだ6年間〜区画整理事業と相続、親族の扶養と本人の意思〜〔保佐〕
   司法書士 毛利朋美/〔ガイド〕司法書士 山順子

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載