書籍_s18030701画像 学校福祉とは何か
編: 鈴木庸裕
価格: 2,700円
発売日: 2018年03月20日
内容:
★学校におけるソーシャルワークが子どもたちにどんな力を育てるのか――

 スクールソーシャルワーカーの活用論や、啓発・方法技法論ではない、学校教育領域からの発信。

 子ども家庭福祉や地域福祉と学校教育を切り結ぶ専門領域として「学校福祉論」を理論的に構築し、実践方法論を提案する。
目次:
はじめに

第1章 21世紀型能力論と学校福祉

第2章 福祉教育の変遷と福祉科教育の展開から

第3章 人権教育と学校における福祉

第4章 学校でつくりあげる子どもの福祉

第5章 学校保健・健康教育の発展とソーシャルワーク 健康格差を問う

第6章 学校危機管理と学校福祉

第7章 特別ニーズのある子どもの授業づくりと学校福祉論の視座 「合理的配慮」と「補償」的アプローチを超えて

第8章 切れ目のない発達保障と学校福祉 乳幼児期と学齢期のインターフェイス

第9章 Sozialpadagogik/社会的教育学から学校福祉論を再考する

補論1 青年期の課題と学校福祉 ユースソーシャルワークの今後
補論2 包摂でデザインする平和な社会 ノルウェーからの学びを通じて
索 引

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載