書籍_s18032203画像 イラストでわかる子どもの認知行動療法    困ったときの解決スキル36
著者: 石川信一
価格: 1,944円
発売日: 2018年03月10日
内容:
 本書は子どもが一人で読んでも実施できるように書かれていますが、ぜひ周囲の大人もいっしょに学んでいってほしいと思っています。

 なぜなら、この本で学んだことは学校や家庭といった子どもの実際の生活の場で実践されることで、初めて効力を発揮するからです。

 困難を乗り越えるうえでは、日常生活での実体験が何よりも大きな財産となります。

 じぶん自身でできることを繰り返し積み重ねていく、これこそが認知行動療法の重要なポイントの一つです。

 そのためには、周囲の大人が、日常生活のなかで子どもがじぶんでできることを見つけてあげて、その環境を整えてあげることがとても大切です。
目次:
もくじ

この本を手にとってくれたキミに 
この本の使い方 
こころとからだのスキル達成表 
最初に知っておきたい4つのポイント
ポイント1:こころとからだのためにできること
ポイント2:キミのすてきなところはなにかな?
ポイント3:キミを助けてくれる人を探そう
ポイント4:うまくできたらじぶんをほめよう

コラム1 認知行動療法(CBT)は共同チームが大事 

■1 じぶんの気持ちをじぶんでコントロールしてみよう

気持ちをつかまえてみよう

 ステップ1  気持ちについて知るスキル
 ステップ2  気持ちを表現するスキル
 ステップ3  気持ちの大きさを測るスキル
 ステップ4  楽しめる活動を探すスキル

こころとからだのリラックスを学ぼう
 ステップ5  からだのサインを見つけるスキル
 ステップ6  呼吸でリラックスするスキル
 ステップ7  筋トレでリラックスするスキル
 ステップ8  イメージを使ってリラックスするスキル

やわらかい考え方をしてみよう
 ステップ9  頭のなかを知るスキル 
 ステップ10 考えのちがいを見つけるスキル
 ステップ11 元気が出る考えを思いつくスキル

チャレンジの方法を学ぼう
 ステップ12 じぶんの苦手なことはなにかを調べるスキル 
 ステップ13 苦手の階段をつくるスキル 
 ステップ14 初めの一歩をのぼるスキル 

コラム2 認知行動療法の有効性


■2 ともだちといっしょにチャレンジ

まわりの人とうまく関わろう
 ステップ15 あったかいことばをかけるスキル 
 ステップ16 じょうずに頼むスキル 
 ステップ17 じょうずに断るスキル 
 
まわりの人とのトラブルを解決しよう
 ステップ18 問題を整理するスキル 
 ステップ19 いろいろなアイディアを出すスキル
 ステップ20 アイディアを比べるスキル 

ストレスに強い考え方をしてみよう
 ステップ21 考え方のクセを調べるスキル
 ステップ22 ストレスに強い考え 疾嫻い鬟丱薀鵐垢茲考えるスキル 
 ステップ23 ストレスに強い考え◆雫肪爾帽佑┐覆ぅ好ル 

コラム3 その子にあったやり方をアレンジする

 ステップ24 ストレスに強い考えー思い込みではないか考えるスキル 

苦手なことを克服しよう
 ステップ25 苦手なことにチャレンジするスキル
 ステップ26 少しずつ階段をのぼるスキル 
 ステップ27 繰り返し練習するスキル

コラム4 アセスメントを大切に


■3 困った! こんなときどうする?
 ばめん1 お母さんと離れるのが怖い
 ばめん2 人前で話をするとすごくドキドキする
 ばめん3 学校に行くのが心配 
 ばめん4 病気じゃないのにおなかや頭が痛くなる 
 ばめん5 なんだかやる気が出ない 
 ばめん6 自信がない 
 ばめん7 ともだちとトラブルになっしまう 
 ばめん8 なぜかイライラしてしまう 
 ばめん9 ついついケンカになってしまう 

 参考文献
 この本で紹介した認知行動療法のテクニックとねらい 
 あとがき

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載