書籍_s18032604画像 特別支援教育ですぐに役立つ!    ICT活用法
ソフトバンクによるモバイル端末活用研究「魔法のプロジェクト」の選りすぐり実践27
監修: 佐藤里美
価格: 1,944円
発売日: 2018年04月24日
内容:
  特別支援教育現場において、ICTを指導・支援に生かすノウハウを事例と共に紹介。

  在学中に、通常の方法では学びにくい子どもが学校で自分なりの学び方を見つけ、学校内外でその能力を発揮できるようにし、将来も役に立つICTを活用する力をつける。
目次:
はじめに

支援に役立つテクノロジー一覧

「そうか!」チャート

1.読み・書きの指導と支援
実践1 全く読めない状態からの文字の学習
実践2 言葉を発せない子からのシンボルや文字での発信
実践3 下学年の学習を強く拒否する子への読み・書き指導
実践4 書字困難のある子が楽しく書ける課題と手段
実践5 弱視児童が通常学級で学習するスキルを身につける
実践6 読み・書き困難の高学年児童に学習意欲を取り戻す
実践7 定期考査の校内支援と高校受験
実践+1 「様子をみましょう」では何も解決しない

2.生活の指導と支援
実践8 交流学級で安心して過ごすための環境づくりと教材の工夫
実践9 デジタル教科書で予習して生活スキルを獲得する
実践10 不登校生徒に学習の見通しと自信をもたせる
実践11 自宅で参加できるビデオ通話機能を活用した授業
実践12 院内学級での現場体験実習と就労
実践13 肢体不自由のある高等部生徒の大学受験とその後の支援
実践14 実体験を伴う交通安全の学習で外出のスキルを身につける
実践15 一人で安全に移動し、確実に目的地に到着する

3.コミュニケーションの指導と支援
実践16 交流学級での学びと障害理解の啓発
実践17 「見える工夫」で周囲との関係も見えてくる 
実践18 「意味がわかる言葉」が増えれば、会話のキャッチボールができる
実践19 「一人でできた」という実感を得る
実践20 やりたい気持ちを引き出し、伝える力をつける
実践21 少ない表出から「意思を共有する方法」を探る
実践22 家族と離れて暮らす子が動画のやりとりで安心感を得る
実践23 伝えたいことを伝えられない困り感への対応 
実践24 特異な活動で自己肯定感を高める
実践+2 Pepperのプログラミングを通じて人とつながろう
実践+3 Pepperと実現可能なプログラミングを目指す

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載