書籍_s18040312画像 生活保護と障害者  守ろうあたりまえの生活
・障害者からのメッセージ  24
編: やどかりブックレット編集委員会
価格: 972円
発売日: 2018年03月21日
内容:
  本書は,生活保護を利用して自分らしく暮らしている9人の仲間が,生活保護を受給しながら,働き暮らすありのままの生活ぶりを語っています.

  日本国憲法25条は,「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を謳っています.

 本書に登場する人たちの生活ぶりから,憲法で保障された健康で文化的な生活について,私たち1人1人のこととして考えていただけたらと思います
目次:
はじめに  

第1章 生活保護とは 生活保護基準引き下げ違憲訴訟の動き
生活保護と障害のある人 
基準引き下げの影響と基準引き下げ集団訴訟  永瀬恵美子
全国に広がる生活保護基準引き下げ違憲訴訟  小久保哲郎

第2章 生活保護基準引き下げ違憲訴訟の原告たち
裁判は10年かかっても頑張りたい 五月女敏次 
原告として小さな一歩を踏み出す 三浦紀代子 
黙っていられない,裁判で闘う 佐藤晃一 

第3章 私たちの体験 守りたいあたりまえの生活
生活保護は廃止,しかし生活は厳しい 白山実里
親から独立,生活保護を申請 黒尾克己 
生活保護から抜け出して自分で人生設計 服部直弘
人生の転換点となった生活保護 門田俊彦
働きながら生活保護を受給 渡邉千恵
生活保護のおかげで生きていける 辰村泰治

おわりに

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載