書籍_s18051502画像 特別支援教育の授業の理論と実践  通常学校編
合理的配慮からユニバーサルデザインの授業づくりへ
編著: 冨永光昭・須田正信・山本 晃・西山 健・平賀健太郎・長澤洋信・藤井 梓・平沼源志
価格: 3,024円
発売日: 2018年04月20日
内容:
  通常学校における特別支援教育の授業の理論と実践について、発達障害・知的障害・肢体不自由・病弱・視覚障害それぞれの特性の理論と実践を論じ、特別なニーズのある子どもを含めたクラス全体の中での学びの中身の充実を図る。
目次:
1部 通常学校における特別なニーズのある子どもの教科指導をめぐる理論
 1章 特別なニーズのある子どもの教科指導をめぐって
 2章 特別なニーズのある子どもの教育課程編成と個別の教育支援計画・個別の指導計画の作成、評価

2部 通常学校における特別なニーズのある子どもの授業づくりの理論 
 3章 発達障害児の教科指導をめぐって
 4章 知的障害の教科指導をめぐって
 5章 病弱の教科指導をめぐって
 6章 肢体不自由の教科指導をめぐって
 7章 視覚障害の教科指導をめぐって
 8章 聴覚障害の教科指導をめぐって

3部 通常学校における特別なニーズのある子どもの授業実践
 9章 発達障害
 10章 知的障害
 11章 病弱
 12章 肢体不自由
 13章 視覚障害
 14章 聴覚障害 
 補章 障害学生支援における高大連携の意義

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載