書籍_s18052404画像 境界性パーソナリティ障害治療ハンドブック
「有害な治療」に陥らないための技術
著者: J.G.ガンダーソン
訳: 黒田章史
価格: 4,104円
発売日: 2018年03月29日
内容:
  境界性パーソナリティ障害の治療に携わる臨床家が、「程よい」技量を身につけるために最低限必要な知識を提供する。

 予備知識、治療ガイドライン、症例解説、精神科マネジメント(GPM)ビデオガイドの4部で構成。
目次:
序文
謝辞

第I部 予備知識
第1章 程よい精神科マネジメント(GPM)入門
治療計画におけるGPMの位置づけ/GPMの先行研究および基盤/GPMの実証的裏づけ

第II部 GPMマニュアル──治療ガイドライン
第2章 一般的指針
程よい精神科マネジメントの理論:対人関係の過敏さ/基本的な治療アプローチ/変化はどのようにして生じるか

第3章 診断をつける
診断の開示/どのように診断を開示するか/よくある問題

第4章 治療を始める
治療の枠組みを設定する/セッション間の対応可能性/治療同盟の確立/よくある問題

第5章 自殺傾向と自殺目的ではない自傷に対応する
自己を危険にさらすような行動が今にも起こりそうな場合/自己を危険にさらすような行動をした後の対応/よくある問題

第6章 薬物療法と併存症
一般的指針/治療同盟を作り上げる/薬剤の選択/併存症/よくある問題

第7章 治療を分担する
治療を分担する根拠/他の治療様式を選択する/よくある問題/集団療法(弁証法的行動療法の技能訓練グループを含む)/よくある問題(集団療法)/家族介入/よくある問題(家族)

第III部 GPMワークブック──症例解説
第8章 症例の説明
症例1ロジャー:大学でのトラブル/症例2ロレッタ:深夜の電話/症例3エイプリル:身体化と治療同盟を作り上げること/症例4ローラ:入院と依存/症例5ローレンス:長期にわたる治療/症例6メラニー:治療の分担の失敗/症例7ジル:ここにいる誰かがBPDに罹っている

第IV部 GPMビデオガイド──治療アプローチのビデオに基づく説明
第9章 ビデオを用いた説明

付録
A.境界性パーソナリティ障害に対するエビデンスに基づく他の治療と,程よい精神科マネジメントの関係/B.境界性パーソナリティ障害に対するエビデンスに基づくさまざまな治療に共通する要因/C.安全対策:その一例/D.家族のためのガイドライン

文献
訳者あとがき
索引

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載