書籍_s18052908画像 発達性読み書き障害〈ディスレクシア〉トレーニング・ブック
著者: 平岩幹男
価格: 1,620円
発売日: 2018年07月05日
内容:
  ディスレクシアは、アメリカ精神医学協会による診断基準DSM-5では、特異的な学習障害の中に位置づけられ、字を読むことが不正確であったり、文章などの意味を理解することが得意ではなかったり、字を書くことが苦手であったり、文章を綴ることが困難であったりする障害です。

  本書では、これまでの臨床経験から、ある程度効果的だと考えている「読み書きトレーニング」のポイントを例題をあげて紹介しました。

  ディスレクシアを抱えていても字や文章が読めるようになることを一つの目標としています。

  子どもたちが読みの苦手さを少しでも克服し、語彙と知識を増やして、「読めないかもしれない」という恐怖を少なくできればと願っています。

  少しでも多くの子どもたちに届きますように。──著者
目次:
1.ディスレクシアを疑う
2.どうして診断と対応が必要か
3.フォントのさまざま
4.トレーニング・8つのステップ
5.ひらがなを早く正確に読むトレーニング
6.単語を音のまとまりとして読むトレーニング
7.文章を読むトレーニング
8.文脈を読み取るトレーニング
9.カタカナ、ローマ字を読むトレーニング
10.漢字を読むトレーニング
11.しりとりトレーニング
12.文字を書くトレーニング
13.合理的配慮とICTの活用
14.他の発達障害の合併

参考資料・関連する法律
付属練習シート

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載