書籍_s18060704画像 発達障害医学の進歩  30
編: 日本発達障害連盟
価格: 2,700円
発売日: 2018年04月10日
内容:
  読み書き障害、吃音、チック、発達性協調運動障害(DCD)といった「顕在化しにくい発達障害」のある子どもたちに対して、早期に気づき、適切な支援策を幼児期・学童期にわたって円滑な連携のもとに提供する体制づくりが、いま求められている。

  本書では、上記の4 つの発達障害への理解を深めるために、それぞれの障害の特徴とともに、早期アセスメント手法や支援法の実際を具体的にわかりやすく解説。

  さらに運動と密接に関わる感覚の問題についての概説も加えた。医療・教育・療育の現場で子どもに関わるすべての方にとって、明日からの支援策を考えるヒントが満載である。
目次:
■ 顕在化しにくい発達障害の早期発見と支援に向けて ─総論
稲垣真澄

■ チックの基本を理解する
松田なつみ

■ チックの早期アセスメントと支援
藤尾未由希

■ 吃音症の基本を理解する
菊池良和

■ 吃音症の早期アセスメントと支援
原 由紀

■ 学習障害の基本を理解する
─読みの障害(発達性ディスレクシア)に焦点をあてて
原 惠子

■ 学習障害の早期アセスメントと支援
北 洋輔

■ 不器用な子ども ─ DCD という視点からの理解と支援
中井昭夫

■ 自閉スペクトラム症の子どもへの感覚・運動アプローチ
岩永竜一郎

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載