書籍_s18061803画像 認知症のある人のケアプラン作成のポイント
〜在宅・グループホーム・施設の事例をもとに〜
編著: 白澤政和
価格: 4,104円
発売日: 2018年06月01日
内容:
あなたが計画したケアプランは、利用者の思いが反映されていますか?

BPSDへの対応は考えられていますか?

利用者の権利は守られていますか?

利用者だけでなく介護者のストレスも考えたケアプランとなっていますか?

本書のねらいは、認知症のある人を中心にして、その人が持っている能力や意欲等のストレングスを大切にしてケアプランを作成していくことの重要性を理解してもらうことにあります。
目次:
第1部 認知症のある人に対するケアプラン作成の視点
第1章 医療・介護・福祉の連携を深めるケアマネジメント
 機ゥ吋▲泪優献瓮鵐箸亮尊
 供ゥ吋▲泪優献瓮鵐箸瞭睛討伐歛
第2章 ケアプランの作成について
 機ゥ吋▲廛薀鵑箸
 供ゥ▲札好瓮鵐箸らケアプラン作成に至る過程
 掘ゥ吋▲廛薀鵑任寮験菫竿未硫魴茲垢戮課題(ニーズ)の把握
第3章 認知症のある人に対するケアプラン
 機ゥ吋▲廛薀鷓鄒の目的
 供デ知症のある人に対する生活ニーズの把握方法
 掘デ知症のある人に対するケアプラン例
 検セ例からみたケアマネジャーに求められること
第4章 ストレングスを活用したケアプラン
第5章 認知症のある人のBPSD への対応
 機BPSD のもつ意味
 供デ知症のある人を捉える基本的な視点
 掘デ知症のある人のBPSD への具体的関わり
 検デ知症のある人のBPSD へのチームアプローチ
第6章 認知症のある人を支える社会資源
 機ズ播な社会資源選択への支援
 供イ匹里茲Δ兵匆饂餮擦あるのか
 掘ゼ匆饂餮擦肇宗璽轡礇襯ャピタル
第7章 認知症のある人が利用する介護保険のサービス
 機ゲ雜酳欷韻陵用者とサービス内容
 供デ知症のある人が利用する介護サービス
第8章 若年性認知症のある人に対するの社会資源
 機ゼ稠性認知症のある人の状況
 供ゼ稠認知症のある人のニーズ
第9章 認知症のある人の権利擁護への対応
 機ダ年後見制度
 供テ常生活自立支援事業
 掘ス睥霄垉埖塰瓢漾ν楔郤垰抉臻
 検ゥーリングオフ制度
 后デ知症のある人の権利擁護へのケアマネジャーの関与
第10章 認知症のある人の家族介護者への支援
 機デ知症のある人の家族介護者の現状
 供ゲ搬臆雜郤圓離法璽困鬟吋▲廛薀鵑
第11章 認知症のある人に対する地域包括ケアシステム
 機ッ楼菠餝腑吋▲轡好謄爐箸
 供ッ楼茱吋⊃篆焚餤弔涼楼茲硫歛蠅魏魴茲垢
 
第2部 認知症のある人に対するケアプラン事例から学ぶ
第1章 認知症のある人のストレングスを活用する
 1)在宅
 2)グループホーム
 3)施設
第2章 認知症のある人のBPSD に対応する
 1)在宅
 2)グループホーム
 3)施設
第3章 認知症のある人の権利を護る
 1)在宅
 2)施設
第4章 認知症のある人と家族介護者を支える
 1)在宅
第5章 医療との連携で認知症のある人を支える
 1)在宅
 2)グループホーム
第6章 認知症のある人のターミナルケアを支える
 1)在宅
 2)グループホーム
第7章 多職種連携で認知症のある人を支える
 1)在宅
 2)グループホーム
第8章 地域の人々の支援で認知症のある人を支える
 1)在宅

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載