書籍_s18081501画像 ソーシャルイノベーション
社会福祉法人佛子園が「ごちゃまぜ」で挑む地方創生!
編著: 竹本鉄雄
監修: 雄谷良成
価格: 1,620円
発売日: 2018年09月26日
内容:
  佛子園は1960年に発足した社会福祉法人で、知的障害児の入所施設としてスタートした。

  95年からは知的障害者の更生施設の運営にも乗り出し、98年には障害者就労施設として奥能登に地ビールレストランを開設。

  地元福祉関係者や行政の間ではよく知られる存在だった。

  その名が全国区に躍り出たのは、2013年9月に金沢市郊外にオープンした「シェア金沢」がきっかけだった。

  監修者である雄谷理事長は、周辺地域住民が集まる福祉の町づくりを志向し、約1万坪の敷地にサ高住、障害児入所施設、訪問介護施設などのほか、天然温泉やキッチンスタジオなど周辺地域から人を呼び寄せる多様な施設を「ごちゃまぜ」をコンセプトに集積。

  高齢者、障害児、地域の人々が交流するコミュニティを形成した。

 「シェア金沢」は、地方創生を推進する政府にも注目され、日本版CCRC(生涯活躍のまち)のモデルともされた。

  その佛子園が約60年の歴史の中で積み重ねてきた大小さまざまな試みは、「ソーシャルイノベーション」に相当する。

  本書では、佛子園及び雄谷理事長ならではの先進性、独自性あふれる取り組みを、このソーシャルイノベーションの横串としてつまびらかにしていく。
目次:
まえがき

第1章 地方創生のモデルとして脚光

第2章 「ごちゃまぜ」誕生、「三草二木 西圓寺」

第3章 福祉のまつづくりに挑戦「シェア金沢」

第4章 社会福祉法人佛子園の設立と歩み

第5章 地域の課題解決へ、ソーシャルイノベーション拡大

第6章 佛子園流イノベーションを全国へ、海外へ

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載