書籍_s18090408画像 発達障害のある子と家族が幸せになる方法
コミュニケーションが変わると子どもが育つ
著者: 原哲也
価格: 1,728円
発売日: 2018年09月20日
内容:
★「発達障害がある子と家族×幸せ」
鍵はコミュニケーションにあり!

 でも、ノウハウだけ覚えても発達障害のある子とのコミュニケーションはうまくいきません。

 子どもの人としての望みを知り、それをかなえようとする。

 それが大事です。

 子どもを理解し尊重するところから出発することで、子どもとのコミュニケーションは大きく変わります。

 コミュニケーションが変わることで、「発達障害がある子」と「子どもと生きる家族」は、自分たちらしい幸せを育てていけるようになります。

 本書は、22年間、「発達障害のある子」と「子どもと生きる家族」を支援してきた著者が、専門家としての自らの経験と学びから得た「発達障害がある子と家族が幸せになるコミュニケーションの知恵」をギュギュギュっとしぼりだした本です。

 「専門家が書いた応用の効く実践書 」として関係者にもおすすめです。

〈こんな人に読んでほしい〉
●人に興味を示さない、ことばが遅い、身体の使い方がぎこちない、不器用、落ち着きがない、衝動性が高い、不注意、など、子どもの発達が心配
●子どもとどうやって遊んだらいいのか、どう関わったらいいのかわからない
●子どものほめ方、注意のしかたがわからない
●子どもの癇癪や切り替えが難しいことへの対応方法がわからない
●子どもと楽しく暮らしたい、喜びを感じて暮らしたいのに、叱ってばかりで嫌になる
●子どもと家族のこれからが不安
目次:
序章 コミュニケーションって何だろう?
…子どもと協力して共通の幸せな瞬間を創る

第1章 ポイント1 発達障害のある子にはどんな特徴があるの?
…脳の機能的特性がさまざまな特徴をもたらす

第2章 ポイント2 どうしてほしいの?
…尊重されたい・安心したい・信頼したい・有能でありたい・
楽しみたい・人とつながりたいという子どもの思いを充たす

第3章 ポイント3 なんでそういうことするの?
…行動の理由に関心をもち、褒め方と叱り方のコツを覚える

第4章 ポイント4 どうやって遊んであげたらいいの?
…大人はガイド! 子どもと遊ぶコツを覚える

第5章 ポイント5 どうやって助けてあげたらいいの?
…援助することで自尊心を育てる・子どもに親切に、そして信頼を育む

第6章 ポイント6 コミュニケーションのコツ まだあるの?
…アイコンタクト、真似、伝え方のコツ、オノマトペ、選択・交渉・合意

エピローグ 子どもと家族の幸せへの道筋

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載