書籍_s18091207画像 事例研究の考え方と戦略
心理臨床実践の省察的アプローチ
著者: 山本力
価格: 2,376円
発売日: 2018年09月12日
内容:
★長年の臨床経験に裏打ちされた実践知の数々

 公認心理師が誕生し、多職種連携が求められる時代。

 そのような時代に事例研究をどのように進めればよいのか。

――事例研究とは何か?

――なぜその事例を取り上げるのか?

――どの視点から事例を捉えればよいのか?

――クライエントの許可をどのように考えるのか?

 事例研究を進める上で必ずぶつかる疑問や個人情報の問題、臨床記録の書き方、執筆を進める上でのポイントなど、著名学会誌編集委員も務めた著者が、
40年にわたる自らの臨床経験を振り返りながら、事例研究の意義と方法について思索を深め、自らの実践知と戦略的アプローチに言葉を与える試み。
目次:
序 章 事例研究法の新しい流れ

第1章 「事例」の概念再考

第2章 事例研究の発展と批判

第3章 省察的な事例研究法

第4章 事例研究の戦略と意義

第5章 倫理の「関所」への対処

第6章 臨床記録を書き記す

第7章 論文執筆のプロセス

第8章 事例検討会(カンファレンスを含む)の心得

終 章 まとめと若干の裏話

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載