書籍_s18091806画像 アスペハート  第48号  特集・思春期までの発達を追いかけてみてわかること
編: アスペ・エルデの会
価格: 2,160円
発売日: 2018年09月20日
内容:
  アスペハート48号の特集は、「思春期までの発達を追いかけてみてわかること」です。

  巻頭言には、あのノンフィクション作家の石井光太氏が、大人になり、最善の策をとったつもりが結果的に社会からドロップアウトすることになってしまった発達障害の人たちについて文章を寄せてくださいました。

  発達障害の人たちは、多くの人たち(定型発達)とちょっとだけ違う発達の仕方をしていきます。

  運動面や行動面、コミュニケーションなどに困難さを抱えており、サポートが必要となりますが、いつ・何を・どれぐらいサポートするかが大切となります。

  また、客観的に子どもの発達を評価し、記録・伝達することができるように開発された「保育・指導要録のための発達評価シート(TASP; Transition Assessment Sheet for Preschoolers)」についても紹介しています。

  TASPを利用することで、就学後の様々な適応上の問題を未然に防げる可能性が大きく高まります。
目次:
アートギャラリー
アートギャラリー作品募集

生きづらさと発達障害を生きること──(1)
感覚過敏があること
石井光太

大人になって分かる、成長すると変わること、変わらないこと
言語聴覚士 村上由美

思春期以降までを見通して幼児期のASD の子どもたちの支援で大切なこと
武庫川女子大学 石川道子

思春期以降までを見通して児童期のASD の子どもたちの支援で大切なこと(1)
山口大学 教育学部 木谷秀勝

思春期以降までを見通して児童期のASD の子どもたちの支援で大切なこと(2)
宮城学院女子大学 教育学部教育学科(特別支援教育専攻) 白石雅一

子どもたちの成長を追っていく中でわかってくること
中京大学 辻井正次

TASP(保育・指導要録のための発達評価シート)をわかりやすく知る
中部大学 現代教育学部 伊藤大幸

TASP の臨床的活用法
神戸学院大学 心理学部 村山恭朗   
愛知東邦大学 人間健康学部 高柳伸哉
名古屋学芸大学 ヒューマンケア学部 浜田恵
  
発達障害臨床で伝えたいこと 
乳児期の育児支援 その5
武庫川女子大学 石川道子

CRAFT を応用したひきこもりの家族支援 
発達障害がある(疑われる)場合
宮崎大学 教育学部 境泉洋

ぶっとびアートな日々 第3 回 
マスダさんとの昼休み
ぶっとびアート代表 笹田夕美子

包括的アセスメント Part 2
北海道教育大学 旭川校 萩原拓

子どもの受身性について考える 
問題行動が少ない子どもが良い子なのか?
岐阜大学 教育学部 助教 松本拓真

発達障害児者の援助に役立つ数量的アセスメント(12) 
潜在変数を用いた新しい分析モデル(1)
中京大学 村上隆  
京都学園大学 行廣隆次      
中部大学 伊藤大幸   
愛知淑徳大学 谷伊織    
九州大学 安永和央    
愛知淑徳大学 平島太郎
愛知学泉大学 坪田祐基  
大学入試センター 寺尾尚大   

大学における発達障害学生への合理的配慮の現状(1)
岡山大学全学教育・学生支援機構学生総合支援センター 原田新   
佐賀大学 学生支援室 中島俊思
大阪大学 キャンパスライフ健康支援センター 望月直人   

コラム 合理的配慮の限界ラインについて
佐賀大学 学生支援室 中島俊思

『楽しむ心』でスランプ脱出
漫画家・西条市ウイングサポートセンター相談員 あーさ

自閉症納言 得意なことをやろうにも
森口奈緒美

ライフスタイル
堀田あけみ

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載