書籍_s18091909画像 障害児教育福祉の地域史
名古屋・愛知を対象に
著者: 小川英彦
価格: 2,484円
発売日: 2018年08月08日
内容:
  大正後期における名古屋市個別学級の成立や、愛知県児童研究所紀要にみられる障害児記録など、名古屋・愛知の障害児教育福祉史についてまとめる。

  「障害児教育福祉の歴史」「障害児教育福祉史の記録」の続編。
目次:
第1章 名古屋・愛知の教育福祉史研究の動向−第鬼1950年代から90年代までを対象に−
第1節 はじめに
第2節 先行関連研究の一覧
第3節 先行関連研究のまとめ
第4節 おわりに

第2章 大正後期における名古屋市個別学級の成立
第1節 はじめに
第2節 「個別学級」の開設学校
第3節 「個別学級」の成立要因・背景
第4節 「個別学級」の編成と対象児の把握方法
第5節 「個別学級」の教育の実際
第6節 おわりに

第3章 大正末期における愛知県児童研究所の役割
第1節 はじめに
第2節 児童研究所の地域に果たした役割
第3節 おわりに

第4章 愛知県児童研究所紀要にみられる障害児記録
第1節 はじめに
第2節 研究所設立時の全国的な背景
第3節 児童研究所紀要(目次)にみられる障害児記録の位置づけ
第4節 障害児の記録
第5節 研究所の主な沿革
第6節 おわりに

第5章 戦後初期における名古屋市精神薄弱児学級の成立
第1節 はじめに
第2節 旭白壁小の「福祉教室」での取り組み
第3節 菊井中の「福祉学級」での取り組み
第4節 幅下小の「ゆり組」での取り組み
第5節 おわりに

第6章 障害児教育福祉実践の意義
第1節 はじめに
第2節 「個別学級」の成立過程
第3節 愛知学園及び愛知県児童研究所の設立経緯と知的障害問題
第4節 「八事少年寮」の成立過程−杉田直樹の治療教育思想の形成の中で−
第5節 戦後初期の精神薄弱児学級の成立要因−戦前との連続性の中で−
第6節 おわりに

第7章 名古屋・愛知における教育福祉史文献目録
第1節 はじめに
第2節 本文献目録で対象とする史料・資料
第3節 史料・資料の一覧
第4節 おわりに

第8章 名古屋・愛知における障害児・養護児教育福祉年表−1945年から1959年までを対象に−
第1節 年表作成の意義
第2節 年表
第3節 付記・参考文献

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載