書籍_s18091912画像 障害者福祉サービス従事者におけるホスピタリティ意識の形成
著者: 星野晴彦
価格: 7,560円
発売日: 2018年10月10日
内容:
  ホスピタリティ意識の向上を実現する組織のあり方とは。

  その欠如がもたらす支援現場の危機とは。

  他業種との比較分析を通じて、障害者福祉サービス従事者のホスピタリティ意識とその形成プロセスを探る。

  はじめに、ホスピタリティの定義を多角的に検討し、障害者福祉サービスにおけるその独自性を考察。

  個人の意識と組織の使命とのつながりを明確にしながら、ホスピタリティ意識の向上を実現する組織のあり方を問う。

  また、津久井やまゆり園事件などを取り上げ、その低下・喪失がもたらす支援現場の危機を具体的に論じる。
目次:
はじめに

序 章 ホスピタリティ意識の向上にむけて
1 研究の背景
2 本書の意義
3 本書の構成と概要

第I部 障害者福祉サービス従事者におけるホスピタリティとは何か

第1章 ホスピタリティの定義とこれまでの議論
1 付加価値としてのホスピタリティ
2 社会福祉従事者の倫理と人材確保の困難さ
3 先行研究

第2章 現象学から考えるホスピタリティ
1 フッサールの現象学と社会福祉サービス
2 現象学的還元がホスピタリティ意識にもたらすもの
3 ホスピタリティの実存的支援のプロセス

第3章 第三者委員会とホスピタリティ
1 苦情をめぐって
2 第三者委員の概要
3 ホスピタリティが導く共創性の構築

第II部 ホスピタリティの向上と個人・組織のあり方

第4章 ドラッカー理論と社会福祉サービス
1 社会福祉はサービスなのか?
2 ソーシャルワーカーの倫理綱領と社会福祉サービス従事者の意識
3 組織マネジメントの重要性

第5章 障害者の脱施設化と福祉サービス従事者が抱える課題
1 脱施設化における日本の特異性
2 脱施設化と当事者・従事者をめぐる論点
3 当事者・従事者支援とホスピタリティ意識の向上

第6章 対話―葛藤―ゆらぎ―使命の再認識と共創的関係の構築
1 対話―葛藤―ゆらぎ―使命の再認識のプロセス
2 「支援を必要とする人々」への理解と応答
3 アポリアから考える葛藤と使命
4 無限の懸隔を埋める不可能な努力が意味すること

第III部 ホスピタリティ意識の特性と形成――他業種との比較分析

第7章 障害者福祉サービス従事者のホスピタリティ意識の特性比較調査
1 調査の目的と方法
2 分析結果
3 業種間比較によるホスピタリティ意識の多角的研究

第8章 知的障害者福祉サービス従事者のホスピタリティ意識の形成要素とプロセス調査
1 調査の目的と方法
2 分析結果
3 同一施設内従事者・入職当初との比較研究

第9章 ホスピタリティ意識をめぐる総合的考察
1 障害者福祉サービスにおけるホスピタリティの定義の提案
2 ホスピタリティ意識の形成と行動の選択プロセス
3 ホスピタリティ意識の低下を防ぐために
4 障害者福祉サービスをホスピタリティの視点から考察する意義

第10章 津久井やまゆり園事件からの示唆
1 事件の概要
2 ホスピタリティから考える事件の深刻さ
3 他の事件に通底する問題
4 緊急性と重大性を併せ持つ課題

おわりに
引用・参照文献
初出一覧
資料1 「ホスピタリティ意識に関する調査」調査票
資料2 「障害者福祉サービス従事者のホスピタリティ意識形成に関するインタビュー調査」第一次インタビュー インタビューガイド
資料3 「障害者福祉サービス従事者のホスピタリティ意識形成に関するインタビュー調査」第二次インタビュー インタビューガイド
資料4 「障害者福祉サービス従事者のホスピタリティ意識形成に関するインタビュー調査」インタビューイ4名の事例
索引

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載